しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

占いに依存しよう

占い

 

好きですか?

 

興味ないですか?

 

 

 

私は好きな方なので、今日はそんな話題についてです。

 

 

 

 

まず、占いには大きく3種類あります。

 

命(めい)

運命、宿命などを占うもの。誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占う。推命(すいめい)とも呼ばれる。

例)四柱推命占星術数秘術九星気学など

 

 

卜(ぼく)

人が関わりあう事柄(事件)を占うもの。何かを決断するときなどに使う事が多く、卜(ぼく)によってあることを定めることを卜定(ぼくじょう)と称される。時間、事象、方位など基本にして占う。

例)周易、タロット、カード、水晶、ダウジング、おみくじなど

 

 

相(そう)

姿や形など目に見える事象や環境から、対象となるの人への現在の影響や今後の運勢などをみる占い。

例)姓名判断、手相、風水など

 

 

概ねこの3種類です。

 

選択、決断の後押しをしてもらいたい時、

自分の全体の人生、性格を知りたい時、

現状と今後をみてもらいたい時、

 

自分に必要なものを選んで上手に取り入れていくと良いと思います。

総合的にみる占い師さんは「命」で全体をみて、「相」で現在や今後をみて、「卜」で今後の行動についてみていく。というのが基本になります。

 

これらは学べば誰でもできます。ですから、

予言というよりは実際に示されているものを読み取る。

といった方が近いです。

 

 

霊能力やヒーリングは身につく人とつかない人に差がありますが、ヒーリングは誰でもできると言われています。

 

 

また、現在では医学として広く確立されている

「医」

も占いの一つとされていたようで、

病気や顔色や声や筆跡や思考や・・・

と、人は何らかの形であらゆる情報が現れています。それを読み取って活かしていく。

占いはそんなツールなんですね。

 

 

 

でも、占いを怪しいと感じる人が多いのは、

ハマってしまう危険があるためです。

 

 

 

消費者社会では

知識の差で起こる

 

販売者>消費者

 

という構造が問題になっていますが、

占いにおいてはまさに

占い師消費者

となりがちのため、気をつけなければいけません。

 

 

悪い占い師はこの構造を利用して

顧客としてクライアントを金づるにしたり

絶対依存させてしまったりするので、

「気をつけな」

ってなるわけです。

 

占い師が悪くなくても、

自ら依存してしまう人もいます。

 

 

もちろん、

依存が絶対悪

だとは私は思いません。

 

 

心のより所は誰にでも必要で

それが

 

本だったり ゲームだったり

親だったり 友達だったり

アニメやユーチューブ

インターネットを介した繋がり

部活やコミュニティ、宗教

 

いろいろなものだったりします。

 

依存先があるからこそ、自立できる

って面もありますよね。

 

大事なのは、

選択肢を自分でいくつか持つこと

かなぁと

 

依存先も自分で選ぶ

与えられた言葉、試練、課題、面倒も自分で取捨選択する

 

自分が幸せに生きるための周りの環境なんだから

 

靴に足を合わせることはできないから

 

気分が晴れないものは思い切ってやめてしまっていい

って選択肢をいつも持っていよう!

 

 

そうやって自分の直感や感性、快不快などの

感覚を大事にして生活していれば

 

どんどん直感は研ぎ澄まされていきます。

 

 

 

レーニングすれば体が鍛えられていくように

勉強でも、ヤマを張ったり、テストの予想はすればするほど当たるようになるのと同じで

メンタルも意識して、鍛えていくものなんだと

私は最近強く思っています。

 

 

 

占いの話に戻りますと

 

自分を知る

 

他人と違うことを知る

 

そして受け入れた上で日常に活かしていく

 

 

そんな感じですね!

 

 

 

 


今日も心を込めて☆