しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

「今日どんないいことあった?」児童期家庭教育学級への参加

こんにちは。

少し前のことになりますが、地域で開催されている児童期家庭教育学級に参加しました。

 

チラシの見出しは

親力UP!

もっと伸びてイケる

~逃げてもOK!一番大切な「わたし」を守るために~

 

ということで全三回を公民館の研修室で受講します。

 

今回はその第一回についてのお話です。

 

 

まず、参加者が多いことに安心しました。

公民館にチラシが置いてあったか、回覧版で回ったかで知った講座でしたが、定員20名のところ25名ほどが集まっており、それだけで既に同じ関心を持つ仲間がいることへの安堵感がありました。

 

実際に、全員が自己紹介をして、出身や子どもの年齢、最近のマイブームなどを簡単に話し合うだけでかなり実りがあったと思います。

 

たったこれだけ、

ひとりじゃないと肌で感じること

そんなことでも救われるんじゃないかな~

という導入でした。

 

実際の内容は、

「お子さんについての不安や悩み」

をテーマに、子どもの月齢が大体同じくらいのグループ(5人くらい)になって、どんな悩みがあるかを出し合いました。

 

 

私は現在、小学2年生の双子の娘と2歳の息子がいます。

子どもたちへの不安を改めて考えてみるのですが、

 

不安が全然思いつかない(笑)

 

なんて幸せなんでしょう。

自分でもびっくりしました。

 

確かに挙げれば、

「双子の姉」は

・毎日ケンカばっかり

・部屋を散らかして片づけない

・朝になって宿題だの持ち物だの用意できなくて怒っている

・学校で休み時間は外で遊ばないらしい

・小さい頃はすぐ転んでばかりで体が弱かった

 

「一番下の子」は

・早産でNICUに入っていた

・貧血傾向

・親と焦点がなかなか合わなかった

・人一倍ぎゃあぎゃあ泣く

・何でも触って壊す、食べる

 

等々、きりがないんですけど

 

それが、我が子だからしょうがない。

 

だから保育園では

「個性だなんて言葉で大事なことから目をそらさないこと」

と有難き助言を頂きます。

(もちろん、特に病気や障害などは親がちゃんと向き合うことが大切だと感じます)

 

身体的なことで出来ることは

血流をよくしたり肌のケアをするマッサージを教えてもらい、実践する。

 

子どもの人間関係、行動、お勉強などは

自分の人生なんだから自分でなんとかしてってね!

 

あとはそんなに沢山できません。

むしろ家事を手伝ってください。

 

以上終わり

って感じが我が家(私の)子育て観かなと考えました。

 

なので、私の悩みや不安は

何があっても「大丈夫だよ」と言ってあげられる心のゆとりを持ち続けること

です。

 

いじめられてないかな?

勉強はついていけてるかな?

先生や友達とうまくやっていけてるかな?

 

たぶん親の私がこれらをあまり重視していないというか、

いじめられたって

勉強ができなくたって

上手くいかないことがあったって

別にいいじゃん?

 

と思っているから気にしてなく、親が気にしてないから子どもも(おそらく)これらで悩んでいないんじゃないかなと思います。

私は自分が運動好きだったので、子どもの体のことに関心がいくんですね。

 



スクールカウンセラーの先生は、たくさん挙がった「不安や悩み」のホワイトボードをみて

「写真に撮って、今後の講師の先生にお渡ししてくださいね」

 

えっ!答えてくれないの!!?

 

と本当に答えてくれませんでした。。。

(時間の都合もあったと思います。)

 

でもちゃんと素敵なことを教えて頂きました。

 

「今日どんないいことがあった?」

 

と質問をされると私たちは答えを考えます。

だから、

「どうだった?」と抽象的ではなく

「いいこと」を考えさせてあげましょう。

 

そうするとだんだん「いいこと」を考えるアンテナ(先生がどう表現されていたか忘れてしまいました)が育ってきますよ!

 

 

よくいわれる「ポジティブ思考」ですが、スクールカウンセラーの先生がおっしゃる言葉の温かさと、同席した方々の雰囲気が、このアドバイスを一層深めてくれました。

 



 

 

今日も心を込めて☆

あなたの勇氣盛りコピーライター始めます

こんにちは。

あなたとのこのようなご縁に感謝します。

 

「偶然」とは、然る(しかるに)に人に遇う(会う)と書きます。

偶然あなたと出会えたことは、必然だったのかもしれませんね。

 

「好奇心」とは、好きで奇跡を起こす心と書きます。

好奇心で今お読みになっている方、◎です(笑)

いいなぁと思えたこと、なんとなく興味をもったことを是非、大切にしてください。

 

重なりますが、あなたとのこのようなご縁に感謝します。

 

 

私は、わりと子どもの頃から言葉に関心がありました。

身近な人が言葉によるイジメ、不登校を過ごしていたことも影響しています。

また、中学校の国語の先生の影響もあり、温かい言葉を使うように心がけています。

(そのせいか、言葉が幼稚だとよく言われてしまいます。)

 

社会人になり二度、鬱っぽくなり、さすがに自分のあり方についてかなり考えました。

そこで出会ったのが言霊です。

言葉に込められた意味、響き、昔の人の教え・・・。

その中では、スピリチュアル的なものも学びました。

宇宙、上の方、魂、いのち、神さま、潜在意識、等々呼び方は様々ですが、

内なる自分との繋がり方、もともと持っている自分の力にも少しだけ気づくことができるようになりました。

 

鏡を通してしか見ることのできない自分

カガミの自分

カ 我 ミ の自分

神さまの中に我(私)はいる、誰もが神さまと繋がっています。

だから、どんなことがあっても大丈夫!なんです。

 

そうやって考えていくうちに、自分自身も少しづつ変わっていきました。

そして自分の名前のアナグラム(並べ替え)が

もりゆうき → 勇氣盛り

だと気づいたとき、私の経験を生かして人を癒していこうと決めます。

 

カウンセラー、セラピスト、コーチ、等など色々な名前がありますが、

私が一番しっくりきたのが「コピーライター」でした。

 

ライターは言葉のプロです。そして、コピーライターは何となく

一緒に企画、立案して売り出すっていうイメージが強いように感じます。

ですから、「あなたの勇氣盛りコピーライター」には

あなたが勇氣で満たされるような言葉を一緒につくっていきたいという思いを込めました。

 

 

【わたしの活動内容】

・ブログやメルマガなどを通してで私が得た素敵な話を共有していく

・メール、LINE、メッセンジャーなどを通してお話しする

・文通をする(字は心が表れるといいます)

・ZOOMアプリなどを使って遠隔で直接お話しする

・対面でセッションする (一番楽しい)

・自他を認め合う素敵なコミュニティづくり

・本気の進路相談(実際の現場とあなたをつなぐ)

・私の出会った素敵な方への仲介(カウンセラー、起業家、専門職人、施術師、学校、著書)

現時点ではこのようなことを行っていきます。

※今後、随時進化していきます。

 

【私と関わるとよさそうな方】

・私に共感してくださり、ピンと来た方

不登校、引きこもりなどを抱える親子さん

・悩んでいる先生

・ちょっとお話してみたい方誰でも(年齢、職業問いません)

・スピリチュアルな能力はないが、上手に付き合っていきたい方

・単に私と繋がってみたい人

 

 【わたしと関わるとどうなるか】

・ブログ等を通して、心豊かになる情報を得る

(他人の力を借りることは自分の成長をブーストさせます)

・自分の元々もっている素敵な資質に気がつきます

(あなたの名前や文字、言葉や思考にはあなたの魅力がいっぱいです)

・夢の叶え方、神さまとの付き合い方に気がつきます

(私自身に霊感が全くないからこそ、学んだ経験をお伝えできます)

・未来への希望が生まれて、勇氣が湧いてきます

(「辛」くても、一歩踏みだせば「幸」せ、「幸」はひっくり返しても「幸」)

 

【経歴・資格】

・元保育士

・元小中学校教諭

通信制高校講師

・教育カウンセラー(資格習得中)

・筆跡診断士(資格習得中)

・漢字セラピスト(ゴルゴ松本さん公認)

 

 

 私の好きな詩を載せておきます。

ymsst.hatenablog.com

 

Facebookでの友達申請、メッセージ歓迎します。

 

はてなに登録していない方はFacebookで繋がって頂けると、更新情報などをお届け致します。 

 

ブログ更新やコミュニティづくり等、情報を発信していきます。

こちらからつながります→森 裕樹 | Facebook

 

セッション希望の連絡や質問など、何でもお気軽に!

 

 

あなたの心が楽でありますように

心を込めて☆

 

調子がいいときのワナ

書きたい気持ちが止まらない。

何時間でもパソコンに座っていられる感じです。

 

ここ最近絶好調であります。

 

 

絶好調なときは、自分のコントロールがきいていないときがあるそうです。

例えば、薬が効きすぎてHighになり過ぎると、その後の落ち込みも大きくなるので、薬を調節します。

ものごとには必ずリズムがあるからです。

 

朝、昼、夜、

春夏秋冬

潮の満ち引き

月の満ち欠け

成功と失敗

ハレの日とヶの日

・・・

 

動植物と共生する生活は、まさに自然のリズムと調和していくので心地よく感じられます。

自然が一番、導かれるままに

 

いいことばかりに焦点が定まり、まさに「引き寄せの法則」だと思うが如く次々と良いことが繋がっていく。

 

でも、それって本当によいことでしょうか。

疑う気持ちをもつと、共鳴や引き寄せの妨げになるので基本的には自然や直感に従えばいいと思いますが、

大事なのはちゃんと自分をもっているかということ。

 

何でもかんでも身を委ねればいいってわけではありません。

 

ものごとは本人の思いこみ次第なので、実は自分に悪い影響を与えているのに気づかず、「よい」と思いこんでしまう。

 

例えば、

自分が学びたいと思っていたら、目の前に次々とそのセミナーの案内が目に留まってきた。しかし、気づけばセミナージプシーになっていた。

お金は回るものだからと、使う程返ってくると信じて使い過ぎてしまう。

相手のために尽くせば自分に返ってくると思っていたけど、結果として相手に悪いことをしてしまった。

・・・。

 

恋は盲目です(笑)

 

あなたがとっている行動は、自分の目的や描いた未来のためからズレていませんか。

占い、ヒーラー、著書、先生、先輩から聞いた話に依存せず、最終決定を自分でしていますか。

 一人で抱え込まず、信頼している人、大切な人に話をしていますか。

 

これは今、私自身に言い聞かせています。

 

ブログを始めて、いいことばかりが起こっているように書いていますが、悪いことも起こっているし、頭痛は慢性的で最近、薬を強くしてもらいました。

 

悪いことから目を背けるのではなく、それもちゃんと受け入れる。

必要ないこと(頭痛で悩むこと、誹謗中傷に耳を傾けること等)を相手にしないことと、逃げることは違います。

 

 

いいことだけが起こっているときは要注意。

調子に載って色々やりたくなるところですが、

一点集中。

 

 

私は一人、できることは限られている。

 

 

ボランティアをもっとする

体調を治す

自分を磨く

生活収入を得る

自分の事業を起こす

ブログを書き続ける

 

どれもやろうとして中途半端な自分がまさにいました。。。

でもやりたいことや繋がりがどんどん増えてきちゃっている。

 

私は一人、できることは限られている。

 

人に聞けるのも才能

上手に真似るのも才能

そんな人と繋がることも才能

 

私はもっともっと助けてもらおうと思います。

 

で、なんと最近初めてこのブログと現実の両方で繋がる方と出会いました。

wellbeingkun.hatenablog.com

なんだかときめいちゃいますね(笑)

改めて、今の時代、インターネット空間は非現実世界ではない

と実感します。

 

ブログで解雇とかもあるし

子どももインターネット上の社会をもつ

 

 

上手に使っていきたいですね☆

 

布オムツ、布パンツ保育が子どもにとっていい理由

こんにちは。


今日はちょっと専門的な話をします。


最近、布オムツ、布パンツでの保育が流行っているそうです。

「汚れて大変なのになぜ布何ですか。」
という質問に対して、専門家の方がとても分かりやすく解説してくれた話を教えて頂いたので、共有したいと思います。


人間は幼いほど「快」か「不快」かで行動します。これは本能です。

おしっこをすることは「快」
お股が濡れることは「不快」
洗ってすっきりしてもらえば「快」

快、不快を繰り返すうちに、当然「快」を感じようと心は働きます。

すると、何が起こるかというと
おしっこを我慢することをし始めます。

ほんのちょっと我慢をする度に、膀胱(ぼうこう)のタンクが大きくなり、おしっこを溜められるようになっていくのです。


それが、サラサラ感に優れた紙オムツ、紙パンツだとどうでしょう。

おしっこをしてもサラサラのままで「不快」ではないため、タンクが大きくなりません。

また、大人がやたらと「トイレ行く?」と声をかけて、トイレでおしっこが出来たことを褒めすぎると、子どもはおしっこに意識が行き過ぎて、頻尿になります。
遊びに夢中なときに頻繁におしっこはしません。


自然に任せるってことですね。






子どもは「種」です。
種は生まれたそのままで
実をつけ、花を咲かす能力を備えています。

育つものがちゃんと育つように環境を整えることが大事なんです!

でも、ついつい我々大人は教えてあげているつもりになってしまいます。

良い保育者は、素晴らしいことを教えることが出来る人ではありません。
子どもをよく観察し、その子が必要としている環境を適材適所に整えてあげる人、
つまり、子どもを理解している人です。


種は確かに、自分だけでは成長できません。
土や水などの環境を整えてあげる必要があります。
しかし、成長するのは種自身です。水をあげた人が直に種を成長させることはできません。

これは、私たちも一緒です。
他人から素晴らしい話を聞いても、それを自分の糧にするのは自分自身です。他人は機会を与えてくれますが、それによって自分が成長したかどうかは
自分次第です。

主体は自分。

ですから、相手に成長の材料を与えてあげることは出来ても、成長させていくのは相手自身です。


繰り返しになりますが、子どもに教えてあげているつもりにならないことです。

子どもを信じる。

いうのは簡単です。




これをトイレの話に戻しますと、極端にいえば、トイレトレーニングは、大人の都合に子どもを合わせるために行われるそれこそ(朝顔を夕方に咲かせようとするような)「トレーニング」なのです。

とは言っても、各自それぞれの事情がありますから、必ず布パンツでおしっこを垂れ流しなさい。とは言えませんし、私も保育園以外では紙パンツを使っています。




子どものために出来るだけ手間暇をかけてあげたい
けれど
大人の都合で、世の中の時間が流れていることが大半

子どもは自由に活き活きとして欲しい
けれど
世の中の枠に適応していって欲しい


この葛藤を感じない人はいないと思います。


子育てほど、難しいものはないからこそ、最高に面白いのかも知れません。
全て正解なことだけを教えられた子ども=幸せな子
ではないですよね。
「快」と「不快」
成功と失敗
どれも必要なこと


正解のわからない問いを解き続けるって
最高の暇つぶしじゃないですか(笑)

それが、人生
それが、子育て

「子育ては生き物全ての永遠のテーマ」です。





また熱く語ってしまい、話がわけ分からないほどに大きくなってしまいました。

でもまぁ、大切なのは心。
どんな内容だろうと、その子を思ってしたことはあなたにとっても、その子にとっても全部◎だと思います!


愛があれば大丈夫!
(火を通せば大丈夫的な)





では、今日は子どもたちの成長を願い
愛を込めて☆☆

欠点のおかげで・・・ / 見えないことで見えるもの

こんにちは。しげです。

 

今日は本や体験を通してではなく、最近思っていたこと。

完全なつぶやきです。

 

 

私は視力が両眼でやっと0.7

(裸眼でギリギリ運転免許が通ります)

 

私の知っている古い知識では、近くのものや小さいものを見過ぎたり、暗い所でものを見ていたり、テレビやゲームをし過ぎたりすると視力が落ちます。

 

また、視力は人によって眼球の筋力などに差があり、同じように過ごしていても視力の落ち具合は人それぞれです。

病気やケガが原因で視力が落ちることもあると聞きます。

 

 

ですが、こんな話も聞いたことがあります。

見たくないものが多くて視力を失ってしまった。

今まで見えなかった人が、心から相手の顔がみたいと思ったら見えるようになった。

 

もっとも頑張ってくれた体の部分が痛みとしてサインをくれるように

病は気からというように

心と体は繋がっていて、体はいつも教えてくれています。

 

そう考えると、私の視力が落ちたことは何を意味するのでしょうか。

(単に、ゲームのし過ぎ、カッコつけて前髪を目にかけていたというのはもちろんですが笑)

 

 

中途半端な視力なので、眼鏡を掛けるときと掛けない時があります。

遠出をするとき

夜間に車の運転をするとき

気分を変えたいとき

イベント事があり、遠くまではっきりみたいとき

固い仕事をするとき

・・・

 

ダテ眼鏡でも掛けるときに自分を変えるスイッチとして使用していたこともありますが、今は眼鏡をかけたときの「おぉ~見える~」って感覚が嬉しくなります。

 

こんな感じで、

今まで見えなかったものが見える嬉しさを感じたり

視力が落ちて見えなくなっても、見えなかったら大して気にしなくて良くなったり

よく見えないからこそ、集中したり、その他の感覚を研ぎ澄ませたり

視力を落とした分、体のどこかが一層活性化したり(自覚はなしです)

 

そんないいことを得られているのじゃないかと考えました。

 

ものごとは表裏一体。

ようは考えようです。

 

 

あなたが欠点だと思っていることで

実は得していることは何ですか。

 

あなたが失ったことで

実は得られたものは何ですか。

 

 

 

発想の転回

 

 

では、今日も心を込めて☆