ココ楽ブログ~見方と在り方と成功について考え、面白さで包んでみた~

心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

マガジン第10号(2020.10.17)「明日もPCが昨日と同じように動くとは限らない」

マガジン第10号(2020.10.17)「明日もPCが昨日と同じように動くとは限らない」

                                                                                      • -

目次

はじめに

1.今週の気づき「間違いを裁く」

2.時事ネタ「カーボベルデ共和国」

3.近況

4.お知らせ・その他

                                                                                                  • -

はじめに

こんにちは。私が毎月発行している教室だよりのコラムをメルマガ化する
と宣言しましたので、実際にやってみようと思います。知識や言葉、思考は共有物です。私もたくさんの方々の影響を受けています。引用転用、シェアやご意見など遠慮なくどうぞ!!

自分が好奇心を持ち続け、失敗し続けることで、相手に心から「大丈夫」と言える人でありたい。そんなマガジンです。

                                                                                      • -

今週の気づき

                                                                                      • -

間違うこと。誤り。
誰にでもあることです。
でも、やってはいけない間違いもありますよね!

人の命を断ってしまうこと
人を深く傷つけてしまうこと
等々


人は、時にはやってはいけないことをやってしまうことがあります。
もし、そんな人を見かけたら、あなたはどう思いますか?

おそらく不快に思いますよね。
その人を非難したくなります。
いなくなればいいって思うこともあるかもしれません。

こんな嫌な感情を持ったとしても、自分を責める必要はありません。
だって、そう思っちゃったんですから、しょうがないじゃん!?

自分の感情に正直に生きることは悪いことではありません。
現に感情を素直に言う子どもはとても可愛いし、憎めません。
むしろ健全です。

ただ、子どもの頃はそれでもいいですが、歳を重ねて知恵と道具が使えるようになると相手に深いダメージを与えることができるようになります。
なので、感情を行動に移すときに理性を働かせる必要があります。
自分の言動の後にどうなるのか?って。


ずいぶん前の話になりますが、サッカー日本代表フォワードで城彰二選手という若きストライカーがいました。
1998年のワールドカップフランス大会に22歳でエースとして代表入りした城選手は、一点も取ることができず帰国して、空港で水をかけられるという事件が起こりました。
色々な所で城さんの記事がありますが、私の記憶だと、テレビ中継中に実況解説者がシュートを外して苦笑いする城選手を見て「笑ってないでもっと必死にやってほしい」という感じのコメントをしていたと思います。もちろん、熱くなってついつい言ってしまった言葉です。
ですが、おそらくこれを受けて
「そのとおりだ!」「城はけしからん!」
と思った視聴者は相当いたと思います。
私も子どもながらにしっかりやれ!って思っていました。
水をかけられても仕方ないよねって。

しかし、当時城さんがどんな心境だったのか。その後、活躍できなくなった(期待されていた躍進がなかった)こと等を知り、自分が恥ずかしくなり、城彰二選手のファンになりました。

関連記事です。
https://toyokeizai.net/articles/amp/255465?display=b&_event=read-body




また、選手ではありませんが審判の方で大きな挫折を経験した方もいます。

2019年のJリーグで世紀の大誤審と言われる程の誤審をした山本雄大さん。
周りから叩かれて、休養をして…

それでも声をかけてくれる人、待っていてくれる人のおかげで再スタートが切れたことを綴っています。

関連動画と記事です。
https://youtu.be/Mv6oj-dqSZE

https://www.targma.jp/j-ron/2020/02/05/post633/



「何で〇〇ちゃんを殴ったの?」
「だって〇〇ちゃんがいけないことをしたんだもん」
「だからって殴って良いわけじゃないでしょ!謝りなさい」
なんてやり取りを経験したことがあるのではないでしょうか?

ついつい自分が正義を教えてると言わんばかりに、他人に制裁を加える。
だって大人がそうやって悪いことをした人を非難してるんだもん。

ということで、私も一瞬を切り取って自分の都合の良い方に解釈しないよう、気をつけたいと思います。

例えば子どものケンカ。
これって第三者は関係あるんでしょうか?
その子は助けを求められないから、助けてあげなくちゃって…勝手にその子をできない子として見ちゃっていませんか??

命を取られたり、大怪我をしなければ、時には最後までケンカして、一方的にボコボコに負けさせてあげてもいいんじゃないでしょうか。何でもかんでも大人が後から出てくると思わせない、見守る応援って言うのも一つの選択肢かなぁと思います。

                                                                                                • -

時事ネタ

カーボベルデ共和国のオリンピック親善大使
に新婚旅行中の若い夫婦が任命。


アフリカにあるカーボベルデ共和国という国は人工が54万人くらいで、新潟市の81万人より少ないですが、合言葉が「ノーストレス」と言われる程の素晴らしい国なんだそうです。

新婚旅行中に新型コロナウイルスの影響でたまたま現地に滞在していた夫婦はしばらくそのままカーボベルデに留まることに決めました。

自分たちに何ができるか?
それを考えて実行しているうちに、声がかかって五輪のアンバサダーへ。
この記事には、「工夫」と「努力」の違いについて書いてありますが本当にそうだなぁと考えさせられます。

「努力」の「努」は奴隷の「奴」が語源だと言われています。努力は英語でeffort。英語の表現でも、歯を食いしばって…というようなネガティブな感じの頑張る。を表しているみたいです。


「好きこそものの上手なれ」
なんて言葉がありますが、これも最近耳にしたフレーズで
努力はいらない。根気や忍耐力もいらない。もっと言えば好きなことをする!こともいらない。
無理やり自分を動かすのではなく、動かずにはいられない!をやる。
その選択をする勇気を持つことだけ。
なんて話も聞きました。
時代が違うというか。世の中は大きく変化しています。
ですが、自分なりに頑張ってここまで来た私達からすれば、やっぱり頑張ってこその未来が…と言いたくなります。

でもねぇ
努力しないとなりたい自分になれないと思っている人には、やっぱり努力が必要だと思いますけど・・・。


https://news.yahoo.co.jp/articles/fc5331d54b95f1a9c796b37c05139293ea406795

マガジン第9号(2020.10.4)「通信制高校の紹介」

マガジン第9号(2020.10.4)「通信制高校の紹介」

--------------------------------------------

目次

はじめに

1.紹介文

2.一生懸命つたえること

3.近況

--------------------------------------------------
はじめに
-------------------------------------------------‐

こんにちは。私が毎月発行している教室だよりのコラムをメルマガ化する
と宣言しましたので、実際にやってみようと思います。知識や言葉、思考は共有物です。私もたくさんの方々の影響を受けています。引用転用、シェアやご意見など遠慮なくどうぞ!!

自分が好奇心を持ち続け、失敗し続けることで、相手に心から「大丈夫」と言える人でありたい。そんなマガジンです。

note会員でなくても「スキ」が押せるそうなので
ポチっとしてみてください。励みになります!

 

--------------------------------------------------
通信制高校サポート校の紹介
-------------------------------------------------‐

「ここはきっと自分のことを分かってもらえる場所だと思ったから・・・」

こんな風に、ここへ入った理由を教えてくれた人がいました。

「私が初めてキャンパスに来て不安だったとき、先輩が優しく声をかけてくれて嬉しかったから、私もそうなりたい。」

こんな風に、自然と声かけの雰囲気ができているようです。ぎこちないコミュニケーション、作り笑いだって素敵な思いやりなんですよね。

例え、週一で先生と1対1の授業しかやっていない生徒だとしても、ちゃんと居場所があり、気にしてくれる人がいます。

「ここって塾なの?」「学校じゃないんでしょ?」

知らない人はこんな質問をしてくれますが、私は胸を張って「是非、一回見学に来てください。」と答えます。

「絶対大丈夫。」「一人も見捨てない。」

私はこの言葉を心から言いたいです。そして、この言葉がきれいごとにならないように、目の前の人に誠意をもって向き合う心を持ち続けたいと思っています。

でも、気を張ってばかりだと気分が重たくなってしまうので、いつもは鼻歌を歌っているか、リズムに乗りながら通路を歩いています(笑)

大人の楽しむ姿が、子どもの明るい未来に繋がると信じて☆

 

--------------------------------------------------
お手紙
-------------------------------------------------‐

突然のお手紙ですみません。
私がスッキリしたいので一方的に思っていることを今から書きます。そして、書き終わったとき、やっぱり渡そうと思ったらこの文章を渡しにいきます。
もしかしたら、書いて終わりにするかもしれませんが、A君に一生懸命伝えるつもりで話したいと思います。


一か月以上前に、入試対策講座で一回だけ担当をさせてもらいました。私は授業を担当しているわけではないので、おそらくこれで私の役目は終わりです。
しかし、一回でも関わってしまうと気にせずにはいられません。私は面倒くさい人なんです(笑)
A君と話した時間は特別に楽しかったです。自分の将来についての熱い気持ちがとても伝わってきたこと。仏教について関心をもっていること。今しかできない経験を積んでいること。コンサルタントという仕事の話。どの話も魅力的で、時間が足りませんでした。


また、私が宗教に興味を持つようになったのはつい最近で、仏教系の大学に進学したのにも関わらず、当時は全く関心をもたずに卒業してしまった後悔があったため、この歳で仏教も学びたいと思っているA君には到底敵わないなぁと感心していました。

一度そういった外部からの刺激をもらうと、新たなアンテナが立って、見える世界が変わります。
私はA君の進路のこと、コンサル業について考えるようになりました。


アルバイトをさせてもらっているお店がインターン生募集している話を聞いたり、参加したイベントに経営コンサルタントの方がいたらお話を伺うようになったりしました。
あわよくば、現役の経営者の方とA君を繋いで何か企画を行う経験ができないだろうかと企んでいました。
なので、私のバイト先で先日、企画から運営まで全て学生が行うインターンが始まったとき、A君に一言声をかけなかったことを申し訳ないと思っていました。いや、これからでも声をかけようかな?と毎日悩んでいました。

それと同時に、私の中で、気をつけていることがあります。
それは、求められてもいないのに良かれと思って価値観を押しつけないこと。転ばぬ先の杖をせず、芽を摘まずに好きなだけ挑戦と失敗をさせてあげる環境を整えること。そして、選択肢をたくさんもつことです。

「自分がしてあげた」っていう満足感ほど気持ち良いものはないので、その中毒にハマって自分の視野(選択肢)が狭まらないように、自分も学ぶ側になり、挑戦をし続けたいと思っています。

でも、心の底では「私と関われる人はラッキー」「私は必ず相手にとってプラスの存在になれる」っていう自信ももっています。いや、最近やっともてるようになりました。

こんな葛藤の中、つい先日、A君から話しかけてくれました。
「オンライングループワークって、今受ける必要ありますか?」

オンライングループワークは、今期に新しく始めた試みで、週に一回2時間、北関東のキャンパスで申し込んだ生徒が集まって、テーマに基づいた討論やワーク等を行う企画です。
個人ワークがあったり、先生方の話を聞いたり、大学生やゲストを読んだりもします。
私も時間をもらってお話したり、伝手で県外の面白い方をお呼びしたりしました。

コミュニケーションが苦手だけど変わりたい。
入試対策として。
面白そうだから。
など、様々な目的を持った生徒が参加しているので、毎回内容やグループ分けを悩んでいます。それが楽しいっていう面も当然あります。

私たちなりに一生懸命やっている企画を真正面から否定されて、結構ショックでした。
でも、A君は今他のやることがたくさんあって、「優先順位として今の一番じゃない」と言っていることも理解できるし、自分の気持ちを共感してもらえなかった背景があったことも何となく聞きました。
なので、A君が悪いとは全然思いません。

でもね、自分の気持ちを乗せないまま(あえて「乗せない」を使っています)取り組むことこそ、正に意味あるの?ですよね。

確かに「やりなさい」って周りは言いますが、決めるのは自分です。
やらされたと捉えるか、自分でやると決めるのか、形だけやるか、頑なに断るか、選びやすいものと選びにくいものがあるにせよ、色々な選択肢の中から自分が決めていることを自覚しておきましょう。
というか、A君なら自分で気づいているハズです。

それで、A君が今出している答えを変えさせよう!とかは思っていません。
A君の選択の責任は私には取れませんから。

極端に言えば、選択なんてどっちでもいいと思います。
今このワークを通した経験が是か非のどちらでも、次回への教訓になるし、今年の受験が成功しても失敗しても、どちらともその先の成功要因にもなるし、失敗要因にもなります。
私は大学受験で第一志望校に入れなかったから就職試験は成功したと思っています。でも、社会人の初めが上手くいったから、その後苦労したのかもしれないですし・・・。
そんなこと言ったら先のことなんて何も分かりません。

だから、過去の選択を正解にするために、過去の失敗を成功へ繋げるために
今現在を精一杯充実させるんですよね。


ここまで書いて、「これって意味あるんですか」の言葉に戻ります。
これを受けて私が思ったことは「やっぱりか」です。
実を言うと、一生懸命考えてはいるものの、受験生と話すのが苦手な1年生を配慮しながらグループ分けはしているものの、内容自体を分けた方がいいのではないか?という案は当初から考えていて、結局今までそれが実現できていないという、企画者側の問題もあります。
なので、こういう本当は聞きたくない意見でも、ちゃんと言ってもらうことで、変わるきっかけになります。

コンサルティングに関連づけて話ますね。
よく、アンケート結果に基づいて対策会議をしますが、アンケートに皆がみんな率直な意見は書きません。良かったと書いた方がお互いが気持ちよくなることを知っているからです。

じゃあ、マイナス面を書いてもらうように促したらいいかと言えば、これもあまり宜しくないです。なぜなら、積極的にマイナス面を探して感情的に書いてしまうからです。
探してやっと見つかるマイナス面は対して重要ではないし、やっぱりマイナスな気持ちで終わると記憶にはマイナスばかりが残ってしまいます。

そこで、大事なのはアンケートのその先に、さらによくなっていることを真剣に考えられているか?という点です。
アンケートの取り方、つまり、質問の仕方は結構難しいです。

マイナスを聞く方も難しければ、伝える方も難しいです。
相手の今後のことを思って指摘している。という誠意が伝わらないとただの愚痴になります。そうすると、せっかくの指摘を受け止めて改善に繋げてもらう可能性が落ちます。
今回の「意味あるんですか?」は正直愚痴に聞こえました。

 

そして、その発言によって「良い」と思って参加している人や、参加していないけど関心を持っている人にも影響が出ていることにも触れておきます。
社会人の組織でも、学校でも影響力のある人、声の大きい人が発信する言葉には影響を与えているという責任が発生します。(選択するのは本人なので、関係ないと言えばそのとおりですが、人は一つの意見のみを鵜呑みにして思考停止になるものです。)

是非、人を動かす仕事を考えているA君には、そういった視点も持っていて欲しいと思っています。
経営コンサルタントになるために、今できることは沢山あります。
グループワークの改善点を見つけて提案する。
キャンパス内でもっとこうすればを考える。
今のバイト先でも何か提案して実行する。
朝活の出席率を上げるための対策を考える。
などなど、経営のことがまだ分からなくても今できることをやることが、最高の練習と面接ネタと自信に繋がるのではないでしょうか。

皆が幸せになる方法を考えるのがコンサルタントだと思います。

 

長くなりましたが、今以上に充実したキャンパスライフが送れることを応援しています。
なにかあったら遠慮なく言ってください。

 

--------------------------------------------------
近況
-------------------------------------------------‐

今回は最後まで通信制高校サポート校の話にします。

通信制高校は通信教育学習していくので基本的には「単位制」という形をとります。レポート課題等を提出してテストを経て単位を取っていきます。
「全日制」は毎回の授業とテストで単位がでます。

通信制(単位制)の良さは家でも一人でもできる点です。しかし、なかなか難しい。だからサポート校(学習センターとも呼ばれます)が存在して、県外の通信制高校に所属しながらも近くのキャンパスに通っているんです。

 

それで、今回文化祭をオンラインでやってみようという試みです。県外同士のキャンパスとzoomによるオンライン実行委員会が開かれ、キャンパスこどの出し物や共通の制作物が決まってきました。

我がキャンパスはハロウィンも近いので、仮装大会です。オンラインでどこまで盛り上がれるのでしょうか?

この企画を受けて、私は以前から興味があったメイクをやってみたいと思っています。もちろん、コンテストに出るつもりはないですが、場を盛り上げるのは楽しいかも!?
そして、せっかくなら写真にしっかり撮ってもらいたいと願望が膨らみます。
ということで、フォトスタジオを探しました。
メイク付きの美容室やフリーのカメラマンのサイト
クラウドソーシング等も調べました。

そして、安く撮影してくれるところを見つけたんです。
2つくらい候補があって、明日決めようと思って寝たら翌日

見事に予約が埋まってしまいました。。。
でもね、ここからが面白いんです。

前々から行きたかった10代の子のチャレンジランチにタイミングが合って初めて参加したら、過去最高のお客さんで、めちゃめちゃ面白い話がたくさん聞けて、さらにちょうど女装メイクをしてみたい!っていう方がいて、ついでにカメラはしたいけどメイクは無理って人もいたから、これで丁度いい感じにチームができました!!!

 

「う~ん」って悩むときは両方違っている場合が結構あります。
なので
思っていたことが「上手くいかなかった」ときに投げ出さず
その後にとっておきが待っていると考えて
改めてもう一度やってみると結構いい感じになります。

実はこれ、最近何回も起きています☆☆

コツは
「う~ん」と思ったときは思い切って辞める。
ABのどちらも本気で考える。どちらかを選ぶつもりでいる。
ABの選択肢がなくなったときにちゃんと落ち込む。

是非、お試しを!
今日も心を込めて☆

マガジン第8号(2020.9.26)「お金の使い方」

マガジン第8号(2020.9.26)「お金の使い方」

--------------------------------------------

目次

はじめに

1.時事ネタ「国際平和の日について」

2.今週の気づき「お金のもらい方と使い方」

3.近況

4.お知らせ・その他

--------------------------------------------------
はじめに
-------------------------------------------------‐

こんにちは。私が毎月発行している教室だよりのコラムをメルマガ化する
と宣言しましたので、実際にやってみようと思います。知識や言葉、思考は共有物です。私もたくさんの方々の影響を受けています。引用転用、シェアやご意見など遠慮なくどうぞ!!

自分が好奇心を持ち続け、失敗し続けることで、相手に心から「大丈夫」と言える人でありたい。そんなマガジンです。

note会員でなくても「スキ」が押せるそうなので
ポチっとしてみてください。励みになります!

 

--------------------------------------------
時事ネタ
--------------------------------------------
 9月21日が「国際平和の日」ということもあり、平和活動に関連したお話です。趣味の講演を聞くことの関連で、最近聞いている認定NPO法人テラ・ルネッサンスの鬼丸昌也さんのお話を参考にさせて頂きます。
 これも、先週ご紹介した
『熊本豪雨災害 一石二鳥チャリティーセミナー』
というYouTubeイベントで聞いたお話です。

 皆さんは「コンフリクトダイヤモンド」「紛争ダイヤモンド」というものを知っていますか。私は今まで全く知りませんでした。レアメタルや希少原石の採掘には、児童労働などの不当な労働条件環境だったり、武器の売買や闇取引だったりと紛争の資金・原因となっているものが多くあります。そのようなものを取り扱わないように掲げたダイヤモンドを「エシカルダイヤモンド」というそうです。
 唐突に、海外の少年兵が地雷で足を無くした写真を見せられても、なかなか自分たちと関係あるようには感じられませんよね。
 ですが、この少年は、私たちが使っているスマホレアメタル採掘による紛争(国と国との戦いは「戦争」といいます)が原因だと知ると、ちょっと他人事ではなくなります。因みに、iPhoneで有名なアップルは、紛争に関わるレアメタルは一切使用していないらしいです。

 日本は唯一、原子力爆弾を落とされた被爆国ですが、その原爆の原料であるウランの採掘には、何も知らないネイティブアメリカンの人々が働かされ、たくさんの被爆者が出たそうです。レアメタルレアアースは技術開発によってある日突然不必要になってしまうものもあり、荒廃した採掘場も多いとか。

 このように、見方を変えると見えてくること。初めて知ることは沢山あります。知識を得た後、例え今、自分が何もできていなかったとしても、自分はダメだと思う必要はありません。
「自分に何ができるかをずっと考え続けること」だけいい。
 それだけで、少なくとも知らん顔している人ではなくなります。そのうちに、買い物ついでに1円でも寄付をしてみるようになったり、ものを大切につかうようになったり、少しずつでも行動が変わっていけばいいのだと思います。

よく、「お金は稼ぎ方よりも使い方の方が重要」なんてことを耳にします。
 生活するためにはお金が必要ですが、何にお金を使うかは、自分で選んで決めています。水道料金などは選ぶことができませんが、大概のものごとの支払いは自分で決められます。衣服や食べ物だけでなく、電気でさえもどこを利用するか選べるようになりました。ふるさと納税もそうですね。

 いくつか例を挙げてみます。
 自分の資産をネットバンクに預けて利率を上げるよりも、信用金庫に預けて地元の企業を応援することの方が考え方によっては価値が高いのかもしれません。
 格安の徳用チョコより、高いけど森永の「しあわせへのチョコレート」プロジェクトのチョコを買ってみる。
 「無料やセール品で安く買えた」とお金を使うより「ありがとうや応援の気持ちでこれだけ払う」っていう気持ちでお金を使った方が嬉しさが増すのかもしれません。

 と、ここまで書いてみて思ったのは
お金を使って「自分が受け取る」と考えるか「相手に渡す」と考えるは大きな違いではないか。
 モノやサービスを買うには買うのですが、その相手の顔を思い浮かべること、で随分豊かにお金を使うことができるのだと思います。
 「お金を使って相手を幸せする」と考えると、買い物がより楽しくなりますね。

--------------------------------------------
今週の気づき
--------------------------------------------

今回は時事ネタの後に気づきを書きます。先ほどの続きです。

 お金の使い方について考えたところで、お金の受け取り方についても考えてみたいと思います。お小遣いや給付金などを除くと基本的に
「お金を受け取る=対価をもらう」
という式が成り立っています。
 そして、この式が「働いてお金を稼ぐ」という言葉に変換されていることが多いように感じます。
 つい最近、「働くとは」というテーマで高校生と考えたのですが、労働と仕事の区別がつかない感じでした。
 「仕事」は英語で「work」です。働くことそのものを指します。
 一方、「労働」は「labor」。賃金を得るためのという目的がつきます。

 同じ働くでも意味合いがずいぶん違ってきます。こんな話もありますね。
 AさんとBさんとCさんは同じ線路づくりの仕事をして日当8000円をもらっています。3人に仕事中「あなたは何をしているのですか」と聞きました。
 Aさんは「8000円稼いでいます。」と答えます。
 Bさんは「線路を作っています。」と答えます。
 Cさんは「町の人を豊かにする仕事をしています。」と答えます。

 ちょっと極端ですが、このように、同じ「働く」でも気持ちによって大きな違いが出るのは火を見るよりも明らかです。
 つまり、お金をもらうことが第一目的となっていると自他ともに満足感が低くなります。なので、私の現時点での解釈は「対価をもらう」ことと表現してみました。
 自分が何かをおこなって、その結果としてお金をもらう。働く目的は
①「人を幸せにすること」、「社会貢献」

②「自己実現」、「面白そう」、「楽しい」
のどちらかだったり、両方だったりします。

②の場合は、仕事自体のやりがいや楽しさを感じている。または、応援してくれるファンを元気づけることによって対価をもらう。という図式が成り立ちます。
 ①と②の両立ができている(ことがわかる)人には、お金を渡す方も渡しやすいですよね。当然、受け取り安いのは言うまでもありません。

 ですから、お金のもらい方は
「相手のために自分が気持ちよく働くこと」
といったまとめでいかがでしょうか。
 そうすればきっと、お金を受け取ることに抵抗が少なくなり、お金を使うことへの抵抗も少なくなります。

 お金がグルグル回ることで経済が豊かになります。だから、消費を促そうという政策が一生懸命おこなわれているわけですね。

「お金はありがとう券」
私もたくさん集めよう!じゃなくて、たくさん配ろう!!


--------------------------------------------
近況
--------------------------------------------

 やっぱりものごとはベストタイミングだって思うんです。
例えば、事務所へ書類を出そうと思ってなんとなく「後でいいか」って先送りにしたら案の定行けなくなって、そうしたら、別の用事が発生したので次の日にまとめて行けたら一回で済んだのでラッキーでした。

 天気の変化が激しいので「今だ」ってタイミングで外に出たら豪雨に当たってビショビショになり、着替えを借りたことによって、返すという理由ができたのでまたお世話になることができました。

 ちょうど、あそこに行きたいなって思っていたら向こうから誘いがきたりとか・・・
 抽象的過ぎて面白くないですね。すみません。

 では、ネタ元がまた同じところばかりなんですが、先週のDAIさんのオンラインコンサートのチケットを購入した話の続きです。
 まさかの連絡メールを2回もスルー。。。決して忘れていたわけじゃないのですが、おかしいなぁと思いつつ何もしなくて、結局前日の夜中に気づくわけです。
 当日なんて、超迷惑なのに、事務局の方が丁寧に対応して下さりました。ひたすら、すみません。すみません。です。

 で、結果として来月のコンサートへの招待に変更して頂けることになりました。しかも私のご都合を聞いてくれるって・・・心臓がドクドク言っています。
 めちゃめちゃファンがいっぱいいるハズなのに、見ず知らずの私の都合に合わせようとして頂けるこの対応。こういうのを神対応っていうんですよね。

 ということで、クローズドのオンラインコンサートですが、一緒に画面をみることは出来るので、どうやってみようか妄想中です(笑)
 とりあえず、スクリーンに映せる環境を探します。きっと上手いこといくはずです。だって、上手くいくってきめてますから!

 

--------------------------------------------
お知らせ・その他
--------------------------------------------

 今週は、寝る間も惜しいくらい予定が詰まっています。ふと思ったんですけど、たぶん仕事が趣味になっていて、日曜の家族の時間が仕事なんじゃないかって。
 鼻歌を歌って、ご飯を「美味しい」って声に出して食べて、絵本を読んで・・・娘が借りてきた本がとても感動でした。(『てづくりのスケート靴』著者:佐藤州夫さん)
 ご機嫌に振舞うのが最大の仕事です。でもこれも楽しい。
なので毎日が楽しすぎるんです。今は。

そうやって先延ばしにして月末までため込んだ書類をどうやってやっつけるか。

今回も長文お付き合いありがとうございました。
今日も心を込めて☆