しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

あなたはどこを切り取る??

この子は自閉症の子ではない。24時間のうちの数分間に自閉症の症状が出る子だ。

 

 

 

 

なかなか衝撃的な言葉でした。

 

 

 

 

 

インパクトが強いので、子どもの勉強に例えますと

 

 

この子は、勉強の出来ない子ではない。

 

学校教育で習う算数の繰り上がりの引き算が今の時点で理解できてない子。

 

であって、

頭の悪い子でも、全ての算数がずっと分からないままの子でもないわけです。

 

 

しかし、先生にとっては都合の悪い子かも知れません。

 

親にとっては、周りから遅れをとっていて将来が心配な子とも言えます。

 

 

 

 

 

私たちが見ているのは、ほんの一部を切り取って

 

さらに

 

自分の視点で見ていることに過ぎません。

 

 

 

 

 

「先生、なんでうちの子は人より大変なのに、特別に見て頂けないのでしょうか。」

 

 

「先生、なんで一人のために全体が待ってあげなくちゃいけないんですか。」

 

 

 

 

う~ん、難しい。

 

 

で、実際の子どもたちはどう思っているのでしょう。

 

 

「〇〇ちゃんが授業中××で、授業が変更になって・・・」

「まぁ、授業が進まなくて大変ね~」

 

って会話が生まれたら

子どもには授業が妨害されているとインプットされます。

 

 

「今日僕が◎◎できなくて、みんなが色々してくれて・・・」

「あら、自分のことを後回しにしてまで皆が手伝ってくれるなんてよかったね」

 

 

この場合は

僕は皆から助けてもらえるから嬉しい、平気、大丈夫!

と捉えるか

 

僕はいつも皆に迷惑をかけてしまっている

と捉えるか

 

 

ん~

微妙な例えになってしまいました

 

 

 

「一番困っている子を何とかするのが助け合いちゃうん?」

「困っている人がいるのに自分たちだけ楽しくていいの?ってよく大人は怒るけど、この子を助けたり別室へ連れてくのは先生でしょ?俺らにどーしろっていうの?」

「ず~っと隣で先生が助けてくれる毎日が幸せなん?」

 

 

ちょっと私的な感情が入ってしまいました。。。

 

 

 

まぁ 

それくらい、言葉って難しいし、

大きな力があるし

ものの捉え方によって全然意味が違ってくるし

 

人に(特に大人に)言われたことの影響は大きい

 

 

言葉って

怖い

 

でも

 

言葉って

魔法の力がある

 

 

 

 

 

最初に挙げた例えは悪い面をとらえた例えですが

 

いい面だけ切り取ることもできます。

 

 

 

周りからどんなにいたずら好きで評判の悪い子だったとしても

 

それを私が知らずに、その子が人に親切にしている場面をみたら

間違いなく私はその子を心の優しい子とインプットするでしょう。

 

 

 

 

 

私は

どれだけ前後の長い背景を考えて

 

どの断片を切り取って

 

世の中をみればいいのでしょう。

 

 

 

 

 

とは書いてみたけど

結局

 

 

目の前のイイことだけを取り出して

 

誰が何と言おうとも

 

「あなたは素敵」

 

 

というんだけどね♪

 

 

 

 

 

 

今日はゴールを決めずに手を動かしたらこんな着陸でした(笑)

 

 

今日も心を込めて☆

○○は未来からの宿題


知る人ぞ知る自己啓発系お笑いユニット
『グリーンズ』
のチャンネルで作家の喜多川泰さんの話をしていました。

 
https://youtu.be/OGQHUVeJlyY



辛いこと、上手くいかないことは未来の自分からの宿題


こうやって考えられると楽になれるかも知れませんね。



確かに、今思い返すと
上手くいかなかった嫌な思い出や
困難を乗り越えた思い出が

あるからこそ、今がある

っていうのを実感しますよね。



私が今思い出したのは・・・


子どもの頃から割とリーダー的立場に立つことが多かったのですが、
人前で話すときはめっちゃ緊張していました。
勝手に手足がガタガタ震えて
高校入試の面接なんて
知らない学校の生徒に
「おい、大丈夫か?保健室行った方がいいんじゃない?」
って言われるくらい震えが止まらず




この歳になっても
体を震わせながら話すことがあります。

だから、
手紙や日記をよく書きました。


メールが普及したときはめっちゃ楽しくて

私ゎイオンに行きた~ぃ=^_^=
(もう全然打てない・・・)

みたいな文字を打っていた時期もありました(笑)

大人になっても
文章で伝えたり、予め原稿を用意したり

正に
今このようにブログを書いたりしているのも

話すのが苦手

っていう所からきているプレゼントですね。






きつく怒られたことが心に残っていて、

それを「トラウマ」ってことにして
迫力のある人は無理!!と怯え続けることもできるけど

緊張する環境を拒める自分がいること

相手の気持ちを考えて機嫌をとるのが上手になったこと


前向きなことがらを
「宿題のおかげ」
ってとらえていく


そうすれば、
これから訪れる困難も

未来の自分からの宿題

って思えるようになるかも





そーいえば
学校の宿題が嫌すぎて
「早く大人になりたい」

ってよく言ってたな


「学校の先生を目指せば宿題やる意味出てくるじゃん」
って先生を目指したんだっけな




今日も心を込めて☆

「おまかせ」で今を生きる

このブログでは、

 

マイナスなことを口にしない

 

と決めていますが、もちろんマイナスなことを考えることは沢山あります。

 

 

そんな中で、小林正観さんの正観塾師範代である高島亮さんの本をもう一度手にとって読みました。

 

 


すべては見方次第 小林正観さんから教わったこと【電子書籍】[ 高島亮 ]
 

 

内容はほぼ「あ~そうだった」ってなりますし、エピソードは知っているます。

でも

時間が経つと人間色々変わっているもので、1回目と2回目は入ってくる言葉が違ってきます。

 

 

五戒(不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句)を口にしないこと

 

自我+おまかせ=100%

 

誰もが超能力者になれる

 

 

こんなワードが今回はピンときました。

 

 

五戒を口にしないことは割とできていると思っていますが、やっぱりかなり意識しています。

他人が五戒を口にしているときは、やっぱりいい気分ではないですから、自分が言わないことは、相手のためにもなりますし、何より自分の耳が一番自分の声を聞いているので自分のためにも、優しい言葉を口にしたいと心がけています。

 

 

 

 

自我+おまかせ=100%

 という概念は、自分で全部やろうとすればおまかせは0%で、半分くらい自力でやろうとすれば50%周りの力が使える・・・といった意味になります。

何パーセントがよい

というわけではなく、原理原則の話です。

ですから、調子が悪かったり苦手だったりしたときでも

「がんばらなきゃ」

と自我を手放さない限り、おまかせが入ってこないってことです。

 

目標ががっちりある人は、自我を使ってその方向にどんどん進めばいいし

おまかせで生きる人は、頼まれごとなどで流れる方向に勝手に進めばいい

 

 

 

最後の

誰もが超能力者になれる

 

に関してはスプーン曲げは誰にでもできるって話との重なるのですが

 

曲げようと緊張したり必死になっても曲がらない

 

リラックスして

科学的に言うとシータ波やデルタ波を出すくらい

眠っている時くらいの状態で

 

曲がったらいいな、嬉しいな

っていう気持ちになることがポイントなんだそうです。

 

 

 

 

私はなんとなく行き詰りというか、休憩したい気分なので

 

おまかせでリラックスしていきたいな

 

と思った今日この頃でした。

 


「おまかせ」で今を生きる-正観さんが教えてくれた幸せの宇宙法則
 

 

 

今日も心を込めて☆