しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

イチロー引退会見その②

こんにちは! こんばんは! しげです。


イチローの引退会見について、前回の続きになります。

前回の記事はこちら↓
ymsst.hatenablog.com




質問
「最低50歳まで現役ということを言っていたが・・・」

イチロー
結果として有言不実行になってしまったが、その当時は本気でそう思っていた。
また、この表現をしていなかったら、ここまでこれなかった。
(目標を)言葉にすることは、難しいかもしれないが、表現することは目標に近づく一つの方法だと思っている。




質問
イチロー選手の生き様で伝えたいことは?」

イチロー
生き様というのはよくわからない。生き方と考えれば・・・

人より頑張ることはとてもできない。あくまで秤は自分にある。
少しずつの積み重ねでしか自分を超えていけない。一気に高みに行こうとしてもギャップがありすぎて続けられない。
自分がやると決めたことをを信じてやり続けるしかない。でも、それが正解とは限らないんですよね。
例えそれが後退や間違ったこと、遠回りだったとしても、遠回りでしか辿り着けないこともある。




最後の質問
「以前、常に孤独と戦っていると話していたが、現在の心境はどうか?」

イチロー
今は孤独という気持ちは全くない。(途中の質疑応答の中で、一人のプロ選手として、チームが勝ってよし!だけではなく自分が結果を出すことも必要…
しかし、だんだん変わっていき、人に喜んでもらうことが一番の喜びになった。ファンがいなければモチベーションをつくれなくなった。)

と答え、続けて

答えとしては少し違うが
日本を離れて

「外国人」になったこと。

この体験で人の心を思いばかったり、人の痛みを想像するようになった。本を読んだり、情報を集めることはいくらでもできるけど、実際に体験しないと味わえないものがある。
辛いことやしんどいことから逃げたくなるのは当然だけど、(特に、若くてエネルギーのあるうちに)そこに立ち向かって行くことは、人としてすごく重要なことだと思う。


いや~最後締まったね~
お腹すいたから終わりにしよう!



みたいな感じで会見が終わりました。





本当にそうだなと思います。


お腹が空いたらなにもできない


じゃなくて


体験することでしか得られないものばかり

だと改めて思いました。

最大の失敗は行動しないこと

なんて言葉があるように、あらゆる経験は自分の財産になります。
イチロー選手の場合、野球というジャンルで最も色々な挑戦や経験を積んできたのかもしれません。

イチローが野球を通して培ってきたものは野球の現役選手以外でも通ずるものが沢山あり、今後の活躍は疑う余地がありません。

同じように、私達一人一人が培ってきたものも、人生おいての糧であって、この先どんな仕事をしようが、どんな人と付き合おうが、名前や環境を変えようが、経験はゼロにはなりません。

そして、これからはじめるどんな一歩でも、確実に経験値として自分の糧になります。



先日、70代のめっちゃ元気なおばあさんとお話ししたのですが、
「なんでもやってみるものよ。やってみれば案外なんとでもなるもの。それに、この歳になっても知らないことに触れることは楽しいんだもの。若い人はどんどん新しいことをやらなくちゃ!」

という言葉が蘇ってきました。





一つ一つの積み重ね



世界一の野球選手が唯一誇れるものは、数々の記録や、数字ではなく、試合に出られないと分かっていながらもトレーニングをやり続けたなんの記録にも残らない日々でした。

そのギフトが今日という日。



野球界の制度についての是非を言うのでもなく、米国の野球と日本の野球に優劣をつけるのでもなく、自分を成功者と言うでもなく、

空腹の限界までとことん質問に答え続けたイチロー

イチロー選手は私達に伝えようと言葉を選んでいましたし、私達はそれ以上にイチロー選手の言葉から何かを得ようとしていた会見でした。



まだまだ質疑応答で考えさせられるところは沢山あります。

消されないうちに、一回はフルで聞いてみては如何でしょう?

話し口調や表情から伝わるイチローの人柄もありますし、自分なりに得るものがあると思います。




今日も心を込めて☆

イチロー引退会見その①

こんにちは! こんばんは! しげです。


ついに、イチロー選手が引退。野球ファンだけでなく、世界中の人々に衝撃が走りました。

「後悔なんてあろうはずがありません。」

早くも今年の流行語大賞になりそうな名言から始まり、約90分に及ぶ質問にとことん答えた記者会見。


言葉を選びながら話すイチローの一言一句を私達はかみしめました。


そして、一夜にしてこの会見の映像や記事が数多く発信されました。

同じ会見でも、取り上げ方、編集の仕方、解釈は様々です。私も私なりにお伝えしようと思います。




「このような形の引退に後悔はないか?」

という問いに対して、
今日のようなことが起きて…後悔なんてあるはずがない

続けて

もちろん、もっとやれたことはある。でも、結果を残すために自分なりにやってきた。それは、人より努力したとは決して言えないが、自分なりに後悔しないように積み重ね続けてきた。後悔しないためには積み重ね続けてることしかないのではないか。


といった感じの内容を答えていました。




私がふと思い出したのは、中学校時代の先生の言葉です。

「中学校生活三年間は、卒業式のためにあるんだ。」

言われたときはよく分からなかったのですが、卒業式のときに込み上げる感情は、まさに今までの自分の積み重ねによって湧いてくるものだと感じたことを思い出します。

イチロー選手も間違いなくこの日が一番の印象に残っている出来事になるだろうと話しています。

人生は現実という一つの大きな夢の世界で、死を迎えたときに夢から覚める。

という話を聞いたことがあります。

会見の後半でも話がありましたが、なにが「成功」かどうかなんて分かりません。記録や、結果は目安ではあっても、あくまで通過点の一つに過ぎず、大して重要ではありません。
目の前のこと一つ一つをこなす道中を積み重ねる。夢を叶えるための日々こそがまさに夢の真っ最中なんですね!




また、「人より努力したとは言えない」っていう所も面白いと思いました。


普通は、「自己満足してないの!周りはもっとやってるんだから」って先生や親に言われますよね?
私も、人の倍やって追いつこうって考えが結構あります。
確かに世の中競争はつきものですが、結局は、今の自分とどう向き合うかなんですね。ブレない自分がいるかどうかで随分変わってきます。

多分イチローは、周りは関係なく、自分の納得いくまでやれば後悔しない。という生き方をしているからのこの発言なんじゃないでしょうか。

以前、落合博満さんも同じようなことを言っていました。
「俺は誰よりもバットを振った。多分王さんは俺よりバットを振っていたと思う。でも、現役の頃は俺が1番バットを振っていた。」

おそらく落合選手よりもバットを振っていた人は沢山いたことでしょう。でも、本人が俺が1番と言えばそれでいい。

もしかすると、他人を相手にするより辛い道なのかもしれません。





初めの質問について書いただけで結構な量になってしまったので、続きは次回にします(笑)



世界で一番ヒットを打った人が、老いと戦い、ヒット一本を打つために努力を積み重ね、ボテボテのショートゴロを打って全力で一塁まで走り抜ける。

そして、どんなときでもイチローであり続けている。

私達は、そんなイチロー選手をみて何を思うのでしょうか。

いち野球ファンとして、私の中にも勝手にイチローの教えが存在しています。





今日も心を込めて☆

すべてベストタイミング!

こんにちは! こんばんは! しげです。

 

起こることはいつでもベストタイミング!

 

そんなタイトルの記事を下書きにして、ちょうど3カ月が経ちました(笑)

いま更新するのが、きっとベストタイミングなはずです。。。

 

さて、最近私の記事の中でブームになっているのが(というか最初からずっとそうなんですが)「ものの見方を変える」ということです。

「すべてベストタイミング」

「すべてちょうどいい」

と考える視点についてのお話をしていこうと思います。

 

 

 

子育てを例に挙げてみます。

「あの頃はA子のことで一杯一杯で、B子には悪いことしたなぁ。」

「C子は全然手がかからなかった。」

「D子が落ち着いたと思ったらG子が今度は大変で・・・」

など、一難去ってまた一難という具合に

過去を振り返ると常に慌ただしかったのではないでしょうか?

 

これは、常に忙しかったとも言えますが、あなたがちょうど乗り越えられるようにバラバラのタイミングで苦難が起こってきたと言うこともできます。

「なんで今こうなるの」

って一見最悪に感じることも、わざわざ今を選んでやってきているらしいのです。

仕事が忙しいときや自分の時間が必要な時は案外子どもに手がかからない(気にかける余裕がない)もので、それはそれで、子どもにとっても必要な経験だったりします。

そして、違うタイミングでちゃんと甘えたり、問題を起こしたりするものです。

 

 

子育てに限らず、これはすべての物事に共通することで、こんな風に言う人もいます。

 

人が成長するために、その人に合った困難(壁)が必要なときにやってきます。

必要なことなので、それを回避すれば、また、同じような困難(壁)が「気づけよ~」と、今度はより大きくなってやってきます。

だから、今ある困難は自分にとって必要な、ちょうどいい壁だと思って小さいうちに乗り越えてしまいましょう。

 

 

今は、ネガティブなことについて書きましたが、もちろん逆も然りです。

 

「今がベストタイミング」

って唱えるだけで、物事が不思議なくらい丁度よく進んでいきます。

 

私自身もお金のこと、仕事のこと、お世話になっている周りの方々のことなど、具体的に書けないものが多いですが、その場その場で思いがけないものが出てきたり、ずっと待っていたチャンスがやっと現れたりして一応なんとかなっています。

「なんとかなる」

って気持ちで流れに身を委ねるとちょうどよく導かれていくものです。

 

 

 

先日、

自分の座右の銘を決めている中学生に会い

読んだ小説の中に私の自己紹介と同じ四字熟語が出てきて

忘れていたこの下書き記事を更新しました。

 

行雲流水

 

 

全くのこじつけかもしれませんが、

なんて偶然!ってことで久々にこの言葉を思い出させてもらいました。

 

この記事は 

きっとこれがベストタイミング!

でちょうどいい!

 

 

あなたに今起きることも

ベストタイミング

  で

ちょうどいい感じ

 

 

今日も心をこめて☆