しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

逆風は振り返れば追い風理論

10月1日から消費税が10%になったりと色々世の中が変わった中で、

はてなブログもルールが少し変更になっています。

 

例えばアフィリエイトが全面的にOKになりました。

 

今までは、明らかに商品紹介や宣伝の色が濃いブログは規制がかかっていたりしたみたいですが、 時代の流れとともに解禁になったそうです。

こういったものの線引きができない現状が既に存在してますからね。

 

ですから、こうやって仮想通貨の紹介リンクを貼ることも堂々とできます。

https://www.crossexchange.io/cross/register?invite=2ftMSgqQs9k

 ひたすらこういった紹介ページを作成して、収入を得るという方法もアリなわけです。

 

 

今までもはてなからAmazonなどの商品紹介は編集サイドバーからできますが、収入を目的とした外部サイトからのリンクをつける人が増えるかもしれませんね。

 

 

今まで通りのはてなからのリンクだとこんな感じです。

できないもん勝ちの法則 その調子でいつまでもおバカでいてくれよ

できないもん勝ちの法則 その調子でいつまでもおバカでいてくれよ

 

 

さて、10月14,15日で新潟講演を控えるひすいこたろうさんの本の中では現在最新作

『できないもん勝ちの法則』

から今の私に響いたことを書きたいと思います。

 

 

それが

逆風は振り返れば追い風理論

です。

 

「人間は、けなされてばかりだと枯れてしまいますが、ほめられてばかりだと天狗になってしまいます。

理想的なのは50%-50%のとき

そして実は、どんな人でも自分への賞賛が50%、逆風が50%になっている

 

という心理学博士の小林正観さんの言葉について書かれています。

 

ひすいさんは、そのとき仕事が絶好調で逆風が50%もあるなんて思えなかったそうです。

でも

「逃げられないところに痛烈にあなたを批判してくれる人がいるはずです。例えば、奥さまとか」

 

という正観さんの言葉を聞いて

 

今まで奥さんが「逆風担当」をしてくれていたんだと思えるようになり、離婚したかった奥さんへの感情が感謝へと変わっていったそうです。

 

これは人数ではなく「総量」なんだそうで、ここからは私の解釈も入りますが、自分で自分のことを強く批判している人は、もうそれで批判が50%分溜まっています。

そんな人の周りには気づかないところで沢山の人が見守ってくれていたり、もしくは同じくらい深~く応援してくれている人が必ずいるってことです。

 

超人気芸能人だって「アンチ」は必ずいるわけで、世の中ちゃんとよくできているんだなと改めて感じます。

 

 

この本は、いわゆる勉強ができないひすいさんの息子から教わる面白くて愛しい話が山盛りなんですが、

ひすいさんは、息子さんから教えてもらっており

また、

小林正観さんも、障害をもった娘さんから教えてもらった話を多く残されています。

 

 

パートナーや子どもは、自分に教えてくれる必要な必然な存在。

 

 

自分と違う人をパートナーとして選び

 

自分と違う人を子どもに持つ

 

だから

子育てが思い通りにいかなくても

それで正解

 

子どもはちゃんと親に教えてくれて

子ども自身もちゃんと親から学んでいる

 

 

 

この逆風も振り返れば追い風になる!

体の声に耳を澄ます

久しぶりに高熱がでました。。。

 

 

最近の生活を振り返れば、なるべくしてなった感じです。

 

 

体はちゃんと教えてくれますね。

 

 

 

ケガだってそうです。

 

最初は腫れや違和感

次は痛み

そしてシビレ

と徐々に形を変えて教えてくれます。

 

 

 

人生には乗り越える必要のある課題がある

と言います。

 

それに背を向けると後にもっと大きくなって

その課題が現れる。

 

一事が万事

 

 

 

熱のことに話を戻しますと

 

熱が出て、しんどいときに考えました。

 

「次の日は熱で休む自分がいいか」

それとも

「朝は解熱して当初の予定をこなす自分がいいか」

 

私は後者を選んで寝て、翌日解熱しました。

 

 

けれども、

「全快して何事もなく過ごす」

って選択肢はイメージできませんでした。

 

なので、日中限界を迎えて寝るの繰り返しを続けて

やっと現在は

ほぼ全快しました。

 

 

体調不良中に妻や子供が一生懸命がんばってくれて感謝です。

他にも周りに配慮してもらったことがいくつかあり、

私はどこかで具合が悪くなっていた方が都合が良いと思っていた部分もないとは言い切れません。

 

でも、ずっと寝込んでいると

仕事や家事や・・・で後々大変になることもあり

体を火照らせながら計算している自分がいました(笑)

 

 

医学的には、

本来出るはずの発熱の期間を無理やり抑えると

当然後ろに延ばされた

って話で

 

 

心理学的には、

困難に対する防御策として

発熱させた

って話になるのでしょうか

 

 

パラレルワールド的?には

治る自分と治らない自分等いくつか自分がいて

半分治る自分を選んだ

って感じかな

 

 

 

 

 

 

 

そして、やっと体の声の話に戻ります。

 

 

食事がとれないときは

胃腸の機能が落ちているときで

それをちゃんと

「食べたくない」

って気持ちにさせてくれていますよね。

 

だから、戦時中じゃないので

無理やり栄養を取らずに

食べないのが正解。

 

 

少し食べれるようになったら

不思議と少しずつ良く噛んで食べたくなるんですね。

 

普段早食い、詰め込み傾向なので

良く噛んでいる自分に思わず感動していました。

 

 

な~んだ

「良く噛みなさい」

ってめっちゃ言われてきたけど

必要な時は私もちゃんと良く噛めるじゃん!

 

 

あと、

水とスポーツ飲料の両方を持ち歩いて

自分の体が欲する方を選ぶ

なんて話を20代の頃に聞いたことがあるんです。

 

そのときは

「そんなの美味しさが全然違うから、いつもスポーツ飲料に決まってるじゃん」

って思ってましたけど、

あれから数年・・・

 

今は水を持ち歩いている私

 

 

人間変わるもんですね~

 

 

 

今は・・・

ゼリーが食べたい気分

 

 

いや

 

高級寿司かな(笑)

 

 

 

 

 

 

今月も終わりになりますが、計画通りにはなかなかいかないものですね~

まぁそれでも、

この結果が私のベストタイミングなんでしょうけど。

 

 

 

 

今日も心を込めて☆