しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

「与えること」と「受け取ること」

こんにちは。

小説家の「よしもとばなな」さんをご存知ですか。

私はあまり小説を読みませんが、それでも何冊か好んで読んだことがありました。ですから、スピリチュアル系の本を探していて、ばななさんの名前のある本があって思わず手に取ってしまいました。

インターネット検索ではおそらく辿りつかなかったので、偶然の出会いに思わず心がときめきました。

 

 
人生を創る

人生を創る 感謝と愛と奇跡に満ちて生きるために [ よしもとばなな ]

 

この本は、ハワイ在住のサイキックチャネラー、ウィリアム・レーネンさんとよしもとばななさんとの手紙のやりとりが本になっているのですが、とにかく優しい。優しさが溢れてきます。

 

中でも、とても共感できるコラムがあったので、ほぼそのまま引用して紹介します。

(下線などの強調は私が加筆しました)

ーーーーーーーーーーーーーー

宇宙には、「与えれば与えるほど、受け取る」という法則があります。それは、物質的なことだけではありません。励まし、愛、思い、経験、与えれば与えるほど受け取るのです。全てはエネルギーです。

経験を与えるには、あなた自身が自分に正直に生きることです。

たとえば、支配的な親に対して、いつまでもその支配に甘んじて生きているのではなく、自分の正直な意見を表現すれば、「子どもを支配できないこと」を学ぶ経験を親に与えることができます。あなたが「自分はなにに値するか(例:自分は支配されず、自由に生きることに値する)」を決め、信じることのために立ち上がれば、相手に考え、成長するチャンスを与えるのです。

 

相手があなたの正直な表現によって成長するかしないか、それはあなたには関係はありません。重要なのは、ほんとうの自分を生きれば、バランスと成長をもたらす人生を意識的に生きられるようになると同時に、まわりの人にも成長する機会を与えられるということです。

そして人に経験を与えれば与えるほど、あなたもさらに経験を受け取り、バランスと成長を実現していけます。これがあらゆるレベルで豊かさを生きるということです。

 

人生にやってくる経験を拒否せず、どんどん受けよりましょう。多くの人が、経験をただの経験だと思ってはいません。「よい・悪い」と判断し、「こういう経験は受け取りたいけれど、こういう経験は受け取りたくない」というあり方を続けています。

繰り返しますが、経験を通してのみ、私たちはバランスと成長を実現できます。この人生でいやな経験を避ければ、バランスと成長のために未来の人生でまた直面し、取り組まなければなりません。経験を避けると、転生を創造することになるのです。

いやな経験を好きにならなくてもよいのです。その経験に、あなたはどう対処するのか、それだけです。

全ての経験は、私たちのバランスと成長のためにやってくること、偶然はないことを忘れないでください。

あなたのハイヤーセルフが、あなたに超えられない経験を与えることはありません。どんな経験であれ、必ず対処できます。

「与えることと受け取ること」をあらゆる側面で意識的に実践すれば、人生はより大きく、ダイナミックなものになっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

「与える者は与えられる」というのはよく聞く話で、良いことをすれば良いことが返ってきて、悪いことをすれば悪いことが返ってくるって感じで解釈していませんでしたか。

 

でも、これを読むとそもそも「よい・悪い」の概念自体がありません。自分に正直かどうかに焦点が当てられています。確かに、相手に偽りの言動をされたら、受け取る方は本当の経験にはなりませんね。「相手があなたの正直な表現によって成長するかしないか、それはあなたには関係はありません。」これは相手のために自分を変えることを常に行ってきた自分には衝撃的です。。。

また、わたしたちは受け取る内容を取捨選択しているって話も新鮮でした。でもすごく納得します。

逃げても未来でまた直面する・・・。マジですか(笑)

でも全てを解決しなくてもいいんですよね。どう対処するか。それだけ。

 

結局は良いこと悪いことなんてなく、全て必要だから起こっているのであって、それを受け入れるかどうかで変わってくるってことですかね。

不幸続きの人は、受け入れを拒み続けているからずっと似たようなことが起こる。でも、それを受け入れた(経験した)先にはきっと素敵な成長と新たな出来事がまっている。

 

 

私はこんな感じで解釈してみました。

あなたにはあなたの形でお役に立ててくれれば嬉しいです。


人生にやってくる全ての経験をたたえてください。自分がネガティブに反応しないかぎり、なにも悪い経験や出来事はないのです。

(ウィリアムレーネン)

 


今日も心をこめて☆

ちょっとの意識で世界が変わる

こんにちは。

今日は辛坊治郎さんの書籍「こんなことを書いたら日本中を敵に回す本」や連載記事を読んで、特に、みんなで考えていきたいことを綴っていきます。



1.九州一個分より広い面積が「持ち主不明」

所有者不明土地問題研究会の調査によると、2016年時点で約410万ヘクタールが持ち主不明の土地であり、すでに九州より広い面積だそうです。
なんと、2040年予想は約720万ヘクタールにまで増えるとか…。
バブルの頃は地価は右肩上がりにあがり続けるからという理由で、買って手放さず、その後暴落してそのまま。なんて土地があったりなんてこともあり、一回登記されずに所有権が移ってしまうと、持ち主に辿り着くのは相当大変らしいです。
近年話題になっている空き家問題だけでなく、この土地問題も大事ですよね。調べると幾つか対策が計画されているようですが、みんなの認知度を上げていきましょう!


2.高齢者優遇の「シルバー民主主義」

2016年時点で
日本の人口は約1億2700万人
20歳以上の有権者の約1億人
65歳以上高齢者は約3500万人
(うち80歳以上の方は約1000万人)

選挙権が18歳以上になった場合の有権者
+約240万人

認知症の方の人口
約462万人(2012年)

選挙権とは異なりますが、
「認知機能低下のおそれ」のある方は実車講習を含む3時間の講習を受ければ自動車免許が更新できます。

2004~2014年の自動車による死亡事故件数は
75歳未満のドライバー=(75歳以上のドライバー)×2


これから、さらに高齢化が進む日本の社会ですが、国を動かすのは高齢者の声なのでしょうか?
お年寄りを粗末にしろ!とは言わないけれど、地方や国の議員も人口の多い高齢者の支持を得て代議員になっているわけで、若者たちが本気を示さないと、中々この社会は変えられないですよね。



3.原発について

燃料としての燃えるウランの残存資源量
・・・約100年分

使用済み核燃料(死の灰)が人類に無害になるまで
・・・約10万年

現在すでに地下に埋めている死の灰
・・・一般のドラム缶約2万5千本

死の灰を再利用して永遠に燃え続ける夢の高速増殖炉もんじゅ」は遂に廃炉(断念)
・・・これまで1兆円以上の資金投入

未だに稼働しない青森県六ヶ所村の核燃料再処理プラント
・・・数兆円


福島第一原子力発電所の現在
写真提供/東京電力
f:id:yu-kimori:20180922230922j:plain
汚染水の総量・・・80万トン

原子炉建屋の地下部分が壊れて周辺の地下水が流れ込み、大量の汚染水も発生している。
汚染水タンク設置など対策
・・・年700億円


原子炉の中には、大量のデブリ(溶けた核燃料)があり、それを冷却するために注水が続いています。

地下水が流れ込むとデブリに触れて汚染水が発生するため、それを防ぐ凍土壁ができましたが、それでもかなり減っても1日に100トン近い水が建屋に流れ込んでいます。

汚染水の総量は約80万トン。放射性物質を取り除く処理をしてタンクに貯めるが、それでも、水素と同じ性質を持つ放射性物質トリチウムは除去できません。

トリチウムは通常の空気中にも含まれている物質で濃度をものすごく薄めれば、人体に影響はないとされています。よって東電(国?)の考えでは、濃度を薄くして、海や空気中に戻す計画のようです。

そこで、福島の方々が公聴会で主張するのは、「風評被害が広がるから辞めて欲しい。」とのことでした。
人体に影響が出るから。ではなく、風評被害が出るから。
と言っている所が、私達の無関心さを反省させられる点だと思います。



4.まとめと感想

ここには書きませんでしたが、高齢化、人口問題は少子化も含まれています。
これだけ問題になっているのに、みんなが「これだ!」って思う抜本的対策案が出てきません。
だって一人一人がそれぞれ違うんだから、「これで解決します」なんて完ぺきな方法なんてありませんよね。
でも、どーせ無理だと無関心になっていては何も変わらない。

まずは今より ほんのちょっとでも関心を持ってみよう
そうすればきっと 前よりちょっと知ることができる
そうすればきっと 前よりちょっと行動が変わる
そんなほんのちょっとが 自分を変えて
そんなほんのちょっとが 世の中を変えていく


私の願いとしては、「子どもは宝」だからこそ、子ども達のことを第一に考える世の中になって、そんな世の中で育った未来の大人が、さらに子ども達のことを大切に思える・・・そんな循環をつくっていけたらいいなと思います!


原発については、私は要らないと考えますが、コスト面、科学的根拠など、私達に届く(が掴む)情報が本当に正しいのか私には分かりません。
賛否両論それぞれが真剣に正しいと思って証拠集めをして議論していますから難しい。

ただ、原発だけじゃなく、物事はどこかで間違いに気づいても、規模が大きいほど、お金や年月がかかっているほど、「辞める」決断ができないことが多々あるんじゃないかと思います。
今までのことを諦める勇気ってめちゃくちゃ大変だけれど、

物事は移ろいゆくもの
技術は進むもの
時間は流れるもの

だから、一つのことにしがみつき過ぎるのはあまり得策ではないことが多いんじゃないでしょうか。


また、問題が起こっている現場では現実が毎日進行中であることを忘れてはいけないと思います。
自分の目の前で起こっていないと、どうしても他人事になってしまいますが、困ったときはお互い様。少しでも、自分たちにできることを考えていきたいですね!


私たち人間はひとつの大きな家族です。「自分には、なにかを変えるような大きなことはできない」と言う人がいますが、それは「小さなことには価値がない」と考えているのと同じです。
「自分のまわりでなにが起きているか」を観察するように変われば、ささやかでも、まわりに大きな影響を与え、ポジティブなエネルギーを広げることができるようになるのです。
(ウィリアムレーネン)


今日も心を込めて☆

子どもの体力づくりにお薦めスポット

新潟県スポーツ公園ながたの森
f:id:yu-kimori:20180919220118j:plain
新潟県スポーツ公園と言えば、アルビレックス新潟プロ野球高校野球で使用する場所のイメージが圧倒的ですが、周辺施設も侮るべからず。

「ながたの森」は新潟市民にはおすすめ子連れスポットとなっています。

では、なぜオススメかを幾つか挙げていきます。
オススメポイントを挙げながら、普段の子育てに役立つ視点も添えられたらいいなと思います。

おそらく、この場所を設計した人はちゃんとした運動の知識のある方だと思います。一度お会いして是非、お話しを聞いてみたいです。


1.緑がある
木々に囲まれていて気持ちがいいです。
暑い日でも木陰が沢山あります。


2.小川が流れている
小魚や虫が捕れるかは分かりませんが、網を持っている人もいました。川遊びとまではいきませんが、小さい子は喜びそうです。


3.広い芝生がある
ボールで遊んだり、かけ回ったりできます。
本格的に大人数で使いたかったら近くにちゃんとした広場が幾つかあります。


4.そんなに混んでいない
「ビックスワン」と「HARD OFF ECOスタジアム」というサッカー場、野球場がメインのため、穴場です。(但し、アルビレックスの試合がある日は駐車場がなくなります。)


5.広すぎない
スポーツ公園自体は広域ですが、ながたの森はその一部で大人の目の届く範囲に収まっています。


6.レストハウスあり
パン屋が入っていて、朝からcafeタイムまでのメニューを揃えてくれています。


7.清潔感がある
廃れたベンチやずっと残されたゴミなどもなくてキレイです。


さぁここら辺から専門的になっていきます。


8.起伏がある
遊具の置き場所の配置に合わせて起伏があります。上り下りを歩くだけでも、バランス感覚や足の力がつきます。


9.遊具の色が目に優しい
白を基調とした遊具は、周りの自然と調和しています。よくある赤や青、黄色などがカラフルに塗られているものはありません。
また、派手なキャラクターが描かれているものもありません。

子どもの色彩感覚は6歳くらいでやっと完成してくるそうです。
なので、まだ幼いうちから強烈なビビッドカラーや白黒ばかり見せていると、色彩感覚を養うのに悪影響になります。
また、迷彩やボーダーなどもやっと色の感覚が分かってきた赤子にはチカチカして見えるそうです。

これを逆手にとって、広告やポスターは派手な色使いやものをスペース一杯にごちゃごちゃ描いて子どもに強烈な刺激を与えて引きつけるのです。
(これは諸説がありますし、子育ての考え方は人それぞれが良い思ったものを愛情をもってやればそれでいいと私は思います。ただ、テレビの教育評論家みたいな人は私は信じてませんが…。)


10.遊具が危なくない
絶対にケガしないわけじゃなく、もちろん落ちたら擦り剥いたりします。
ですが、大人がついていないと危険な必要以上に背の高いものはなく、吊り橋に落下防止ネットがついていたり、平均台は高さが低くなっていたりします。
小さい子でも大人の手を借りずに、自分で進んでやってみようと思えるように考えてつくられていると感じました。
現に「やってみな」と見ているお父さんが目に着きました。


11.選択肢がある
例えば、丸太飛びや平均台は、複数設置されているので自分の能力にあった道を選んだり、もう一度違う道からやってみようと繰り返しやったりできます。滑り台も角度が異なるものが二つくっついています。全体のコース自体も途中で3~6歳はこっち、7~12歳はこっちと分かれていて、意図的に3~12歳それぞれに合わせようと作られています。



このように、2歳の息子と2時間くらい過ごしただけでもこれだけ良い点が書けました。


遠方から遙々と来る程の規模ではありませんが、近場の方は朝や夕方の1、2時間程を過ごすのにはもってこいだと思います。


子育て世帯の方で「他にもこんなよい所があるよ」というものがありましたら是非紹介してください!

最後まで読んでくださりありがとうございました☆

素人でも面白い!?玄人でも意外と知らない野球の話③ 守備練習編

こんにちは。
今日は守備練習についての話です。

試合で通用する守備練習は実践が一番

守備と言っても様々なことを引っくるめて守備と呼びます。
例えば、
守備位置然り
構え方然り
捕り方然り
・・・

と色々あるので、ここではアウトを一つとるまでの工程を考えていきます。

例)ランナーなしでショートゴロ
①ベンチ(監督)から指示が出る(出ない)
②バッテリーがサインを交換する。
③サイン(球種、コース、牽制など)に応じて野手が守備位置を変える。
④ピッチャーが投げる。
⑤バッターが打つ。
⑥ゴロが転がる。
⑦野手の誰が捕るか全員で判断する。
⑧ショートはボールが捕れる位置まで移動する。
(他の野手はカバーリングする)
⑨ボールを捕球する。
⑩ボールを一塁へ投げる。
(他の野手はカバーリングする)
一塁手がボールを捕る。
一塁手がベースを踏む。

このように、一つのアウトを取るだけでもこれだけの工程があります。
さらに、ランナーがいたり、カウントやイニング、打席のバッターのことなど、色々な要素がプラスされて一球一球考えながらプレーするのです。

野球は考える時間のあるスポーツです。
このことを考えれば、いかに実践が大事かが分かると思います。

技術指導の間違いあれこれ

とはいっても、実際の試合や実践練習は、場所も人数も時間も多く必要です。
ですから、貴重な実践に備えるために個人での技術練習は欠かせません。
ここからはよく言われる指導の間違いを挙げていきます。


1.ゴロを捕るときは腰を落として姿勢をなるべく低くしろ

メリット
・トンネル(股の間をボールが通過すること)の穴を小さくできる。
・目線がボールに近づいてよく見える。

デメリット
・姿勢がずっと低いままだと走り難い。
・捕球の直前に姿勢を下げると目線がブレる。

ボールを捕るためには
ボールが捕りやすい位置に早く辿りついてグローブにボールを納める動作をします。
もっと簡単に言えば
いかにボールに追いついてグローブを出すか
です。
それを踏まえて、私が提案するのは
一番早く動ける自然な体制で早くボールに向かい、グローブを出したら自然と姿勢が低くなればよい。
と教えます。

姿勢云々より、捕球ができることが大前提ですので、グローブをなるべく早く出して余裕を持って捕球しましょう。

以下の動画では、ゴールデングラブ賞を幾度も取った元中日の二遊間、荒木選手、井端選手もグローブを早めに出して準備する点について触れています。(姿勢を低くとは特に言っていません。)

"【プロの技術・理論・練習】守備聖書 井端・荒木" を YouTube で見る
https://youtu.be/zUZahCM4sb4


・ボールの正面に入れ
これについては近年、間違いだという認識がだいぶ広まっています。

デメリット
・横から見た方がバウンドが見やすい。
・正面に入ることが優先されてしまい、グローブを出すのが遅れる。
・捕球をあきらめて始めから体に当てにいきがちになる。



・目線がブレないように走れ
これも「いかにボールに追いついてグローブを出すか」
という点から外れています。
特に外野手は走りながら目線がブレると見にくくなりますが、逆に言えば、早くボールまで走ってその後ゆっくり走ればいいと思います。
また、フィギュアスケートの選手はあれだけ高速でスピンしても目が回らないそうです。ですから、走りながら捕ることも訓練です。


まとめ

今は誰でも調べればプロの選手など、本物の理論を知ることができて素晴らしいですね。
ここで挙げた動画でさえ、人それぞれ考え方に違いがあります。
なので、自分たちでアドバイスを上手に受け取って、試行錯誤を繰り返しながら、ゴールのないゴールを目指して日々練習するんですね。

正し、大元を忘れてはいけません。
ボールを捕るためにはボールが来る所(捕りやすい所)に早く行き、グローブを出すこと
そのための試行錯誤をすれば、どんな練習でも〇なのではないでしょうか。

20日後

変化の波はまだ止まらない。

面接の結果が来た。先に来たのは自分には合わないかもと思っていた方だった。

結果は案の定、不採用。

フィーリングが合わなかったなら、この結果がお互いにとって良い選択だったと解釈することにする。

さて、もう一方は無事に採用、研修等を進めていくことになった。

この地でお世話になるので、この地の神社に行ってお参りをしてきた。

おさい銭は「ぺラッ」とお札を。祈願というよりはご挨拶をしました。

よその家へ行く時は菓子折をもっていき、よろしくお願いします。と挨拶するのに、

神様に挨拶に行く時は五円玉チャリーンで、〇〇してください。

これでは、願いは叶わないんじゃないかな~と思います。

(あくまで、個人の見解です。)

 

それはさておき、ここで問題が発生した。

私は傷病手当金を受給している立場である。労働不可能だからこそ頂いている手当なので、アルバイトをしたら打ち切りになってしまうのだ。

最初に問い合わせした時は、休職中のリハビリということでOKをもらっていたが、退職してしまうと話は違うらしい。

ここにきて、何たる失敗。

でもめげません。

きっとこの一見悪いことにみえることも何かの導き、教えてくれていることだと分かっているから。

怒られるかと思いながら妻に連絡。

「困ったねぇ」と笑ってくれて、ほっとした。

アルバイト先にも事情を話したら、なんとボランティアでもいいってことになりました。

しかも、「ボランティアスタッフなら、部活動とかイベントとかにも参加してみませんか。」と最初の契約のときよりも、さらに私のやりたいことに携われるよう勧めて頂いた。

これからが楽しみだ。

 

ただ、このところ色々な変化で頭を使うことが多く、かなり頭痛がひどい。

上手につき合っていくことと、あくまで自分と家族が第一だというのを忘れてはいけない。

 

さて、フリースクールのことで頭が盛り上がっていた私は、早速原案をつくってkokoさんに相談に行った。

信頼できる第三者にみてもらうと冷静になれる。

私は、現状の無給状態に焦っていたが、フリーランスを開始するには準備の時間がかかることが分かった。また、そのときになれば資金面など相談できる場所がちゃんとあることも知った。なにより、自分を磨くための時間が必要だと気づき、何を学んでいけばよいかの方向性が分かったことが大きかった。

色んな人を相手にビジネスをするには、不必要な経験なんて一つもない。ただ、何でもかんでもやるのではなく、目の前にある課題を一つ一つこなしていこうと思う。

例えば

私の糧になっている野球の経験。運動はなぜよいのかを調べること。

人を勇気づけたいなら、話し方や聴き方の勉強。

人脈作りに、当面の資金調達(収入を得る)方法探し。

やることは沢山あります。

 

また、「成功指定席の見つけ方」「性格ベストフィット起業」などの

無料動画にも出会い、自分にあった仕事の仕方についても考えられています。

これも知ろうとしたからこそ出会えた動画です。

 

さぁ、リハビリバイトがNGになったので、どうやって生活費を捻出していけるか。

切羽詰まった時にこそ、きっといいアイデアが下りてくる。

信じる力ははかり知れない!

------------------------------------------------

「始点に立っていても、ゴールまでの道筋は見えません」

目指しているゴールと、今、自分が立っている地点との距離は、通常とても離れています。そして、その時点からゴールに辿りつくまでのステップや道筋も、見えていないことが大半です。でも、その間の道筋が全部きれいに見えてから歩き始めようと考えている人が、ゴールに辿りつけることは決してありません。

辿りつけるのは、ほのかに見えるゴールに向けて、今できることを実際にやってみる人、最初の一歩を踏み出してみる人です。なぜなら、実際に一歩を踏み出すと、そうする前には見えなかった「その次のステップ」が見えてくるからです。それをひとつずつ進んでいくと、ある日ゴールに辿り着くんです。

「そんじゃーね」のちきりんさんの『chikirinの日記』より

----------------------------------------------