しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

もし教壇に立つことになったら何を言う?

もし再び教壇に立つことになったら・・・。

 

 

私がたまに考えることです。

 

 

最近一つの答えが出ました。

 

 

もし、児童、生徒たちに話をする機会があったら話したいこと。

 

それは

 

自分で自分の人生を生きろ!

 

 

今から私は、あなた達のためになることを願い心を込めて話します。

でも、

あなた達に教えてあげようとは思いません。

あなた達のためにしてあげようとも思いません。

私が私のやりたいように、言いたいことを伝えます。

 

ですから、私の話を聞いて、

「ふ~ん」と聞き流すのもあなた次第。

「なるほど」と聞いて行動するのもあなた次第。

「何を言いたいんだろう」と疑問を探したりしながら聞くのもあなた次第。

「つまらない」と寝て過ごすのもあなた次第。

「つまらない」から「この人の口ぐせは何か」等と面白く聞こうとすることもあなた次第。

「つまらない」から「もっと面白くして」と発言したり、質問や合いの手を入れるのもあなた次第です。

 

 

つまり、他人のせいにしないってこと。

全ては自分次第だってことを前提に私の話を聞いてほしいと思います。

 

 

毎日の授業を

寝て過ごすのも

つまらないと毎日ぼやくのも

面白いことを探しながら受けるのも

他の授業に変えてもらうことも

(さすがにこれは出来ないかもしれませんが、ここが分からない、○○で困っている等と言うことはできます)

自分の意志とは関係なく起こっていると諦めていることも

実は

それを受け入れるのは自分、

自分で決めてやっているってことなのです。

 

 

親や先生、友達に言われたから・・・って言うのは本当の理由ではない!!

 

親や先生、友達に言われたから、その通りにやることを自分で選んだのだ。

だから

人のせいにするな!!

 

親や先生、友達はあなたの人生を生きることはできない。

親や先生、友達は、それぞれ自分の人生を生きている。

 

よかれと思って人は色々言ってくるけど、

自分の人生に責任をとるのは自分だってことを忘れてはいけない。

 

 

なにも全部一人でやれって言っているわけじゃない。

助けてもらうってことも自分の判断で行えばいい。

 

 

なんでも決めてもらって過ごしているキミ。

 


なんでも人の言う通りにやって、よい子でいるキミ。

 

本当にそれでいいの?

 

 

 

言うことを聞かないと怒られる。

みんなと一緒じゃないとヘンに思われる。

 

確かにそうだ。

 

でも

言いなりになってはいけない。

 

いつの間にか、

自分の言いたいことや、やりたいことが言えない自分になってしまうから。

自分は人に動かされるのが当然で、自分の意志で動いてはいけないと心の中の自分がそう思い込んでしまうから。

 

 

あなたが心地よくなることを一番知っているのはあなた。

あなたがやりたいことを一番知っているのはあなた。

 

 

だから

 

やりたいことをやろう!

 

勉強しないで遊びかたったら遊べばいい。

その後どうなるかも含めて自分で責任をとればいいだけのこと。

 

大人は色々言うけれど、

何でも拒否するのが自由じゃなくて、それも自分の選択肢の一つとして自分のものにしてしまえばいい。

 

 

先生は勉強や学校生活のことを教えてくれるプロだけど

親は自分が培ってきたことに関してはプロだけど

あなたの人生を生きるプロではない。

世の中の色々なことに関するプロではない。

 

だから

親や先生だけの話、自分の身近な所しか見ないで「選択肢がない」とぼやいてはいけない。

電話で問い合わせしたり、本やインターネットなど、知らない世界を知る方法はいくらでもある。

 

自分の手で自分の人生をつくっていこう。

 

 

今、夢がなかったら

どれでも好きな夢を探す、(それも人生をかけて探す)壮大な冒険だと思えばいい。

 

 

今、辛いことがあったなら

その分の幸せが起こる前兆(それも全然来なかったらより大きな幸せがくる)と思えばいい。

 

 

私は、あなたがあなたの人生を精一杯生きていることを

ただ、ひたすら応援しています。

何をしているかとか関係なく

ただ、あなたがあなたを生きていることを嬉しく思います。

 

もう、こうやって関わってしまったからには、

あなたが悲しんでいると

私も悲しくなります。

あなたがいなくなると

私はとても悲しみます。

 

 

だから

どんな形ででも

あなたが毎日頑張っていることを

ただ、ひたすら応援します。

 

 

心をこめて☆