しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

40日後

 あっという間に一カ月が過ぎました。

今も穏やかな気持ちで過ごせていることがとてもありがたい。

「感謝の気持ち」はさらなる幸運を運びこむエネルギーです。 

 

さて、フリースクールの方はとっても楽しく過ごさせてもらっています。

正直初めてのことは不安も多いですが、一歩踏み出してみると、案外大丈夫だったりもします。やってみてダメだと分かればやめればいい。やってみないと何も変わらない。

仕事の内容は詳しく書けませんが、勉強を教えることだけじゃなく、自分がやってみたいなと思っていること、興味のあることができる機会をもらえているので、本当に感謝です。

 

あとの時間はひたすら読書や情報収集、自分の時間に充てています。

もちろん、家事の割合は日に日に増えます。ですが、文句を言わず、自由に過ごさせてくれる妻に感謝です。妻の仕事も忙しくなり、頑張ってくれているし、暇な私が家事をするのは支え合いとして当たり前だと思えているので、そこまで嫌ではありません。

でもやっぱり、一番気持ちよく家事ができるときは、みんなで一緒にやるときです。夫婦で役割分担して、「相手も今頑張って仕事しているから私も・・・」と気持ちを共有できている時がやっぱり嬉しい。子どもも一緒に仕事ができれば、こんなに素敵なことはないですよね。面倒臭いことがちょっとでも楽しく、嬉しく、やりがいに感じられることに感謝します。

 

 

今の私のテーマは「自分磨き」です。

自分に甘い私はこれまで「誰かのため」という理由づけで自分を動かしていました。

部活の練習もチームのため、仕事も相手のためを思ってやることは間違っていません。

でも、結果として自分が壊れてしまいました。

今、本当の意味で自分の時間を過ごしているのはおそらく人生で初だと思います。

自分のために使う時間。新しいことを入れても大丈夫なゆとりのある時間のよさを実感しています。傍からみれば病気で療養中なのでネガティブに映るかもしれませんが、こんな時間を与えてくれたこと、自分に向き合う時間をもらったことに心から感謝をしている今日この頃です。

 

 

今現在の読書と情報収集の整理

うつ病の治療→心持ち→真我、潜在意識、宇宙の法則、スピリチュアル、使命

不登校→心の表れ→文字、言葉→筆跡診断、言霊

感謝、幸せ→生まれること→古事記仏陀、神話

起業→メルマガ、動画セミナー

 

読書はどんどん派生してジャンルが広がっていきます。学んだことをブログで整理するで聞きっぱなしではなく、身になっている感じがします。

筆跡診断に興味があるんですが、前々から習いたかった習字を家の近くで習うか、筆跡診断士に習いに行くか。そこまですると、スキルはちゃんと身につくけれどかなりお金がかかります。本当にお金がないので、ここは今のところ踏み出せていません。

 

起業などの件では、facebookから広告がじゃんじゃん入るようになりました。興味のあるもの、知り合いが「いいね」を押しているものなど5つ以上は登録しました。毎日メールが沢山きて大変です。でも参考になることはかなりあります。必要なエキスをちゃんと吸収していきたいです。(ずっとみてると、説明会や申し込みをしたくなってきます。プロ中のプロだなぁと感心します。)

 

収入を得る件では「バイナリーオプション」というものを少し勉強したいと思います。実際にやるかどうか。その後の進展はまた報告しますね。

 

繋がっているなと感じたこと

例えば「古事記」は知り合いでずっと「面白いよ」と言ってくれている人がいたんですが、歴史とかあまり好きじゃないので興味を示してなかったんです。でも別の会で偶然知り合った人から勧められたのが正に古事記でさらに講師は同じ人。さすがに、聞いてみたくなりました。

日本人の始まりの人たちの教え、さらに日本語についても触れられていて、この日本語については、「文字を整えて心を整える」「日本語の音の響きとスピリチュアル」といった自分の興味と繋がりました。

また、最近読んだ本の中に7~8年程前に手に入れた本の紹介が載っていたりして過去に学んだことをもう一度思い返す機会に出会いました。

 

 

人生無駄なことなんて一つもない。

失敗した経験こそ財産になる。

「本気」になればなんでもできる。

想いは宇宙がスピーカーになって拡張してくれます。

こうやって書いてはいるけど、やっぱり不安です。

(不安で「やっぱりだめかも」という気持ちも拡張されちゃいます)

でも、確実に一歩ずつ進んでいることは実感できています。

だから、自分を信じて、目の前のことに逆らわずに自然体で

なるべくしてなるゴールに向かって進んでいきます。



 

今後も温かく身も待っていてください☆