しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

素人でも面白い!?玄人でも意外と知らない野球の話④サイン編

こんにちは。

 

そろそろシーズンが始まるので久しぶりに野球の話をします。

 

(野球論については様々な考えがあるので

あくまで私個人の見解だと思って楽しんでください。)

 

 

野球は考えるスポーツ

ということで間が沢山ありますよね。

そこで行われていることが

サイン交換です。

 

ピッチャーとキャッチャーの球種についてのサイン交換

は以前の記事でも触れたと思いますので

攻撃中の監督からのサインについて

重点的に話したいと思います。

 

 

基本的にはベンチにいる監督が

盗塁、バント、待て・・・等の指示を打者と走者に送ります。

 

バッターとランナーとベンチが戦術を共有していないと効果が出ないので

確実に伝えることが一番大事です。

 

サインミスは最悪です。

戦術が上手くいかないことはもちろんですが、

チームの雰囲気も下がり

相手の士気が高まります。

試合の流れが一気に傾く程の重大な失敗となるので入念な確認が必要です。

 

小中学校くらいだと、ヘルメットの鍔を触って

「アンサー(了解した)」

という動作を徹底している所もあります。

 

サインを盗まれないように複雑にする

というのは高度な次元の話で

正確に、どれだけ早く、かつ相手に分からないように

という優先順位です。

 

 

では、なぜ早くが大切かと言いますと

サイン交換がゆっくりだと

・相手に準備をする時間を与えてしまうこと

・長すぎるとリズムが生まれないこと

・相手に感づかれやすいこと

 (サインが出ていないときはサイン交換時間は無いので)

 

ということで試合の流れを止めないよう

相手に感づかれないよう

さりげなくサイン交換をして戦術を仕込むのです。

 

これは守備の時でも言えることで

バッテリーのサイン交換が長かったり

ピッチャーの一球一球投げるテンポが悪かったりすると

リズムができません。

(監督からキャッチャーに球種や守備シフトの指示も出るのでキャッチャーは忙しいです)

 

 

攻撃の話に戻しますと

プロ野球では、監督から

コーチャー(一塁と三塁のファールグラウンドにあるコの字にいる人)

にサインが送られ、

コーチャーが選手にサインを送ります。

 

なぜ、そんなことをするのかと言うと

・ベンチよりグラウンドからの方が見やすいこと

・監督は戦術を考えたり、周りの動きをみたり、データ収集をしたりと常に忙しいので、サインを出す労力を割きたくないこと

 

が大きな理由だと考えられます。

 

 

そもそもサインは

「フラッシュサイン」

といって耳は盗塁、顎はバント、胸はスクイズ、など

サインを決めておいて触ったところがサインとなるようにしている場合が多いです。

 

それに加えて

「ブロックサイン」

といってキー(Key)を決めて、キーの次に触ったところがサイン

等と複雑化します。

 

この組み合わせや変形で、

キーの後2番目 とか

最初から3番目 とか

帽子を一回で盗塁、2回でエンドラン とか

足し算 引き算にして3はスクイズ とか

4イニング目からはキーを変更する とか

 

色々です。

中には、

手を一回叩いて実行

2回で取り消し(サインなし)

腕組みしたら盗塁

 

といったものもあり、

要は何でもいいんです。

 

確かにこれを監督が一球一球やるのは大変なので、

サインを出す専門の人がプロ野球にはいてもおかしくありませんね。

 

 

 

基本的にはこんな感じですが、

その他で今思いつくものをさっと挙げるなら

 

・牽制球が連続2回続いて、監督が頷いたら盗塁に変更

・2塁ランナーがキャッチャーのサインをみて、球種やコースを打者に教える

 (2塁ランナーからサインを隠すのは難しいため、このサイン盗みは反則)

・1.3塁コーチャーがキャッチャーのサイン(またはコース)を教える

・盗塁のサインを出す(出したい)ときにベンチが「バッター打てよ」等と

 盗塁がないかのような応援をする

・「思いっきりぶちかませ」とノーサインのような指示、仕草をして実はスクイズ

・右ピッチャーから1塁ランナーは見にくいので、三塁手が牽制のサインを送る

・バックスタンドからカメラで撮影し、応援席から指示をする

 (ベンチ外からの指示も反則)

 

など

とにかくあらゆるところで戦術が繰り広げられています。

 

 

 

野球の楽しみ方の参考になれば

嬉しいです。

 

 

今日も心をこめて☆

新庄剛志が語る野村克也氏がヤバい

ヤバい

という言葉を使ってみました。


万能で何にでも使えるこの言葉、

ヤバいですね笑






2020年の2月11日に野村克也さんの訃報が入り、
色々な人がご冥福をお祈りしました。


そんな中で新庄剛志さんは
遺言?通りに
楽しいエピソードを語っていました。


"#野村監督との思い出" を YouTube で見る
https://youtu.be/N_75u2Tf-L0
コメント欄も温かいです




三冠王を取るほどの超一流選手が

無名のトライアウトからの入団

しかも
「年俸は要らないから解雇しないでくれ」
と契約更新したという話には驚きです。



我々世代には
ヤクルトや阪神の監督時代の印象が強いと思います。
特に古田選手と新庄選手は
相当深い関係だったことは誰の目にも明らかでした。

そんな新庄選手が語るのは
人情溢れる野村監督の人柄です。

緻密な戦略

ボヤき

ちょっと近寄り難いイメージですが
とても素敵な方だということが伝わってきます。


若い選手の
「45分しか集中力が持たないから
 ミーティングは45分にしてください。」
というお願いに答える話などは
あったかい場面が安易に想像されますね。


この名指導者がとった緻密な指導法は

環境だけ与えて何も教えないこと

というのが実に奥が深いですね。


新庄選手をメジャーへ
羽ばたかせた名将

野村克也さんのご冥福をお祈りします



今日も心を込めて☆

イチロー引退会見その②

こんにちは!


イチローの引退会見について、前回の続きになります。

前回の記事はこちら↓
ymsst.hatenablog.com




質問
「最低50歳まで現役ということを言っていたが・・・」

イチロー
結果として有言不実行になってしまったが、その当時は本気でそう思っていた。
また、この表現をしていなかったら、ここまでこれなかった。
(目標を)言葉にすることは、難しいかもしれないが、表現することは目標に近づく一つの方法だと思っている。




質問
イチロー選手の生き様で伝えたいことは?」

イチロー
生き様というのはよくわからない。生き方と考えれば・・・

人より頑張ることはとてもできない。あくまで秤は自分にある。
少しずつの積み重ねでしか自分を超えていけない。一気に高みに行こうとしてもギャップがありすぎて続けられない。
自分がやると決めたことをを信じてやり続けるしかない。でも、それが正解とは限らないんですよね。
例えそれが後退や間違ったこと、遠回りだったとしても、遠回りでしか辿り着けないこともある。




最後の質問
「以前、常に孤独と戦っていると話していたが、現在の心境はどうか?」

イチロー
今は孤独という気持ちは全くない。(途中の質疑応答の中で、一人のプロ選手として、チームが勝ってよし!だけではなく自分が結果を出すことも必要…
しかし、だんだん変わっていき、人に喜んでもらうことが一番の喜びになった。ファンがいなければモチベーションをつくれなくなった。)

と答え、続けて

答えとしては少し違うが
日本を離れて

「外国人」になったこと。

この体験で人の心を思いばかったり、人の痛みを想像するようになった。本を読んだり、情報を集めることはいくらでもできるけど、実際に体験しないと味わえないものがある。
辛いことやしんどいことから逃げたくなるのは当然だけど、(特に、若くてエネルギーのあるうちに)そこに立ち向かって行くことは、人としてすごく重要なことだと思う。


いや~最後締まったね~
お腹すいたから終わりにしよう!



みたいな感じで会見が終わりました。





本当にそうだなと思います。


お腹が空いたらなにもできない


じゃなくて


体験することでしか得られないものばかり

だと改めて思いました。

最大の失敗は行動しないこと

なんて言葉があるように、あらゆる経験は自分の財産になります。
イチロー選手の場合、野球というジャンルで最も色々な挑戦や経験を積んできたのかもしれません。

イチローが野球を通して培ってきたものは野球の現役選手以外でも通ずるものが沢山あり、今後の活躍は疑う余地がありません。

同じように、私達一人一人が培ってきたものも、人生おいての糧であって、この先どんな仕事をしようが、どんな人と付き合おうが、名前や環境を変えようが、経験はゼロにはなりません。

そして、これからはじめるどんな一歩でも、確実に経験値として自分の糧になります。



先日、70代のめっちゃ元気なおばあさんとお話ししたのですが、
「なんでもやってみるものよ。やってみれば案外なんとでもなるもの。それに、この歳になっても知らないことに触れることは楽しいんだもの。若い人はどんどん新しいことをやらなくちゃ!」

という言葉が蘇ってきました。





一つ一つの積み重ね



世界一の野球選手が唯一誇れるものは、数々の記録や、数字ではなく、試合に出られないと分かっていながらもトレーニングをやり続けたなんの記録にも残らない日々でした。

そのギフトが今日という日。



野球界の制度についての是非を言うのでもなく、米国の野球と日本の野球に優劣をつけるのでもなく、自分を成功者と言うでもなく、

空腹の限界までとことん質問に答え続けたイチロー

イチロー選手は私達に伝えようと言葉を選んでいましたし、私達はそれ以上にイチロー選手の言葉から何かを得ようとしていた会見でした。



まだまだ質疑応答で考えさせられるところは沢山あります。

消されないうちに、一回はフルで聞いてみては如何でしょう?

話し口調や表情から伝わるイチローの人柄もありますし、自分なりに得るものがあると思います。




今日も心を込めて☆