しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

イチロー引退会見その②

こんにちは!


イチローの引退会見について、前回の続きになります。

前回の記事はこちら↓
ymsst.hatenablog.com




質問
「最低50歳まで現役ということを言っていたが・・・」

イチロー
結果として有言不実行になってしまったが、その当時は本気でそう思っていた。
また、この表現をしていなかったら、ここまでこれなかった。
(目標を)言葉にすることは、難しいかもしれないが、表現することは目標に近づく一つの方法だと思っている。




質問
イチロー選手の生き様で伝えたいことは?」

イチロー
生き様というのはよくわからない。生き方と考えれば・・・

人より頑張ることはとてもできない。あくまで秤は自分にある。
少しずつの積み重ねでしか自分を超えていけない。一気に高みに行こうとしてもギャップがありすぎて続けられない。
自分がやると決めたことをを信じてやり続けるしかない。でも、それが正解とは限らないんですよね。
例えそれが後退や間違ったこと、遠回りだったとしても、遠回りでしか辿り着けないこともある。




最後の質問
「以前、常に孤独と戦っていると話していたが、現在の心境はどうか?」

イチロー
今は孤独という気持ちは全くない。(途中の質疑応答の中で、一人のプロ選手として、チームが勝ってよし!だけではなく自分が結果を出すことも必要…
しかし、だんだん変わっていき、人に喜んでもらうことが一番の喜びになった。ファンがいなければモチベーションをつくれなくなった。)

と答え、続けて

答えとしては少し違うが
日本を離れて

「外国人」になったこと。

この体験で人の心を思いばかったり、人の痛みを想像するようになった。本を読んだり、情報を集めることはいくらでもできるけど、実際に体験しないと味わえないものがある。
辛いことやしんどいことから逃げたくなるのは当然だけど、(特に、若くてエネルギーのあるうちに)そこに立ち向かって行くことは、人としてすごく重要なことだと思う。


いや~最後締まったね~
お腹すいたから終わりにしよう!



みたいな感じで会見が終わりました。





本当にそうだなと思います。


お腹が空いたらなにもできない


じゃなくて


体験することでしか得られないものばかり

だと改めて思いました。

最大の失敗は行動しないこと

なんて言葉があるように、あらゆる経験は自分の財産になります。
イチロー選手の場合、野球というジャンルで最も色々な挑戦や経験を積んできたのかもしれません。

イチローが野球を通して培ってきたものは野球の現役選手以外でも通ずるものが沢山あり、今後の活躍は疑う余地がありません。

同じように、私達一人一人が培ってきたものも、人生おいての糧であって、この先どんな仕事をしようが、どんな人と付き合おうが、名前や環境を変えようが、経験はゼロにはなりません。

そして、これからはじめるどんな一歩でも、確実に経験値として自分の糧になります。



先日、70代のめっちゃ元気なおばあさんとお話ししたのですが、
「なんでもやってみるものよ。やってみれば案外なんとでもなるもの。それに、この歳になっても知らないことに触れることは楽しいんだもの。若い人はどんどん新しいことをやらなくちゃ!」

という言葉が蘇ってきました。





一つ一つの積み重ね



世界一の野球選手が唯一誇れるものは、数々の記録や、数字ではなく、試合に出られないと分かっていながらもトレーニングをやり続けたなんの記録にも残らない日々でした。

そのギフトが今日という日。



野球界の制度についての是非を言うのでもなく、米国の野球と日本の野球に優劣をつけるのでもなく、自分を成功者と言うでもなく、

空腹の限界までとことん質問に答え続けたイチロー

イチロー選手は私達に伝えようと言葉を選んでいましたし、私達はそれ以上にイチロー選手の言葉から何かを得ようとしていた会見でした。



まだまだ質疑応答で考えさせられるところは沢山あります。

消されないうちに、一回はフルで聞いてみては如何でしょう?

話し口調や表情から伝わるイチローの人柄もありますし、自分なりに得るものがあると思います。




今日も心を込めて☆