しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

イチロー引退会見その①

こんにちは!


ついに、イチロー選手が引退。野球ファンだけでなく、世界中の人々に衝撃が走りました。

「後悔なんてあろうはずがありません。」

早くも今年の流行語大賞になりそうな名言から始まり、約90分に及ぶ質問にとことん答えた記者会見。


言葉を選びながら話すイチローの一言一句を私達はかみしめました。


そして、一夜にしてこの会見の映像や記事が数多く発信されました。

同じ会見でも、取り上げ方、編集の仕方、解釈は様々です。私も私なりにお伝えしようと思います。




「このような形の引退に後悔はないか?」

という問いに対して、
今日のようなことが起きて…後悔なんてあるはずがない

続けて

もちろん、もっとやれたことはある。でも、結果を残すために自分なりにやってきた。それは、人より努力したとは決して言えないが、自分なりに後悔しないように積み重ね続けてきた。後悔しないためには積み重ね続けてることしかないのではないか。


といった感じの内容を答えていました。




私がふと思い出したのは、中学校時代の先生の言葉です。

「中学校生活三年間は、卒業式のためにあるんだ。」

言われたときはよく分からなかったのですが、卒業式のときに込み上げる感情は、まさに今までの自分の積み重ねによって湧いてくるものだと感じたことを思い出します。

イチロー選手も間違いなくこの日が一番の印象に残っている出来事になるだろうと話しています。

人生は現実という一つの大きな夢の世界で、死を迎えたときに夢から覚める。

という話を聞いたことがあります。

会見の後半でも話がありましたが、なにが「成功」かどうかなんて分かりません。記録や、結果は目安ではあっても、あくまで通過点の一つに過ぎず、大して重要ではありません。
目の前のこと一つ一つをこなす道中を積み重ねる。夢を叶えるための日々こそがまさに夢の真っ最中なんですね!




また、「人より努力したとは言えない」っていう所も面白いと思いました。


普通は、「自己満足してないの!周りはもっとやってるんだから」って先生や親に言われますよね?
私も、人の倍やって追いつこうって考えが結構あります。
確かに世の中競争はつきものですが、結局は、今の自分とどう向き合うかなんですね。ブレない自分がいるかどうかで随分変わってきます。

多分イチローは、周りは関係なく、自分の納得いくまでやれば後悔しない。という生き方をしているからのこの発言なんじゃないでしょうか。

以前、落合博満さんも同じようなことを言っていました。
「俺は誰よりもバットを振った。多分王さんは俺よりバットを振っていたと思う。でも、現役の頃は俺が1番バットを振っていた。」

おそらく落合選手よりもバットを振っていた人は沢山いたことでしょう。でも、本人が俺が1番と言えばそれでいい。

もしかすると、他人を相手にするより辛い道なのかもしれません。





初めの質問について書いただけで結構な量になってしまったので、続きは次回にします(笑)



世界で一番ヒットを打った人が、老いと戦い、ヒット一本を打つために努力を積み重ね、ボテボテのショートゴロを打って全力で一塁まで走り抜ける。

そして、どんなときでもイチローであり続けている。

私達は、そんなイチロー選手をみて何を思うのでしょうか。

いち野球ファンとして、私の中にも勝手にイチローの教えが存在しています。





今日も心を込めて☆