しげのココ楽ブログ

憂鬱,落ち込み,疲れた時に 心がちょっぴり楽になる あなたに 自分自身に 心を込めてエールを送るブログ

アフィリエイトって?

さて、なかなか記事を更新できなかった理由の一つについて、書いていこうと思います。

 

それは

アフィリエイト

を始めようとしたからです。

 f:id:yu-kimori:20190122123355p:plain

 

アフィリエイトをひと言で説明すると

成功報酬型広告

と言います。

 

広告をクリックしてもらったら1円。

広告をクリックして登録や購入してくれたら500円。

中にはあなたのブログに広告を〇〇円で載せさせてください。

 

なんていうものもあります。

 

このはてなブログアフィリエイトOKなブログですが

今まで禁止(摘発されると一瞬で今までの記事が消されてしまう)

だったアメブロが商用利用解禁になって大きく賑わっていることを聞いている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、アメブロでも、はてなでも、他のブログでもブログサイトを借りている場合は、制約を受けてたり、会社の判断や都合でブログが消えてしまうことは常に頭に入れておかなければいけません。

 

話をアフィリエイトに戻しますと、

会社としては商品の売るために、お店をもったり、ビラを配ったり、折り込みチラシをつくったり、CMや広告を出したりするわけですがお金と労力がかかる。

 

そこで、アフィリエイトという形で、会社がお願いしなくても勝手に紹介して商品を売ってくれる人がいたらお礼を出す方がメリットが大きいわけです。

 

そんな会社とアフィリエイターをつなぐのが

ASP(アフィリエイトサービス・プロバイダー)

というものです。

 

会社はASPサイトに広告の依頼をするだけ

アフィリエイターはASPサイトに集まっている商品から紹介したいものを選んで紹介する

 

そんな仕組みです。

そして、その単価が例えば

月額300円の漫画サイトに登録してもらえば一件2500円。

2万円のノウハウ本を売れば1件18,000円。

家のリフォーム見積もりサイトに登録してもらえば5000円。

 

なんて世界なんです。

アフィリエイトターに仲介料を払っても利益になる。それだけ、集客にはお金がかかるんですね。

有名人に紹介されるとかって物凄い価値があるみたいです。

 

 

 

ということで、なにせお休みを頂いていて収入がない私にはピッタリだと思って勉強したわけです。

 

で、結論としては私の収入はゼロなんです(笑)

 

これは、調べると色々出てきますが、アフィリエイトしかり、こういったものも本気でやるには毎日何時間とコツコツ時間をつくってせっせと作業をする覚悟がいります。

しかし、当然、自給いくらの世界とは違うので、やり方があっているのか?成果が本当に出るのか?っている不安で成果が出る前に辞めてしまう人が大半です。

だからこそ、一人でやらずみんなでやりましょう。成功している人に直接教わって頑張りましょう。という塾やセミナーが存在するわけです。

 

私は、『A.8net(エーハチネット)』という代表的なASPサイトをつくった人に出会って直接教えてもらおうとしたわけですが、もちろん高額なコンサル費用がかかります。

結局そこの壁を(いい意味なのか悪い意味なのか)越えられず、断念したって感じなんです。

 

 

アフィリエイトに限らず、フリーランスで働くにはフリーランスで活躍している人から学ぶのが一番だと思い、こちらも個人コンサルを受けようとしました。

 

当然、こちらも高額です。

私の中では「このままだと生活できない」っていう思いが当然あり、

このブログでも書いているようにマインド変化について熱心に本を読んだりしていましたから、だんだんお金も何とかなるって思い始めてきたんですね。

 

ですがこちらも、結局そこの壁を(いい意味なのか悪い意味なのか)越えられず、断念したって感じなんです。

 

 

 

こんな感じで、中途半端に行ったことにより、医師からは

「双極制障害かも」

と言われ、薬も変更となりました。

(双極制の例としてお金を使いすぎてしまうケースもあるんだとか)

 

ん~なんだか納得できない。。。

私は病気だからこんな思考なのだろうか。

いや、普通だと思うんだけど。

結局、病気にしとけってこと??

 

世の中のフリーランスやアフィリエイターは真っ当な人じゃないのかな。

 

まぁ病気で手当てを頂いている身ですから、「大人しくしておけ」っていうもの当然な話でして・・・。

 

 

 

「行動療法ってやってないんですか。」

ということで、民間のカウンセリングルームを受診してみることになりました。